聖剣伝説2 17日目 「マナの聖地」

WS038462.jpg

マナをエネルギーとするマナの要塞が浮上したことにより、世界中のマナが急速に失われていた。
その結果、マナの聖地と呼ばれる地の雲が晴れ中に入れるようになった。

この聖地の中心地に巨大なマナの樹があり、それこそがマナの剣の力を解放できる唯一の場所。
マナの要塞を打ち倒すにはマナの剣の力が必須ということなので、ランディは聖地に降り立つ。

するとどこからともなく声が聞こえてきた。
誰かがランディ達を呼んでいるようだ。

このゲームを学生時代にやってた時は聖地の敵がエライ強かった覚えがあるが、今やってみるとそれほどでもない。
学生時代でのプレイではとにかく敵をスルーしまくって殆ど稼いでいなかったのだが、今回はそれなりに稼いでいる。

お陰で強欲ニキータから店売り最強装備を全て買うことが出来、さしてダメージを受けることも無くサクサク進める。
魔法が効きにくい敵はポポイの魔法→アブソーブの永久機関で楽々だ。
魔法を跳ね返すカウンターマジックを使って来る敵も居ないので、めんどくささで言えばマナの大要塞の方が遥かに上であろう。

WS038469.jpg

更に運が良いことに、グリフォンハンドと言う雑魚を2匹倒したら宝箱が出現。
中身はランディの最強頭装備グリフォンヘルムだ。
各キャラの最強装備は最終ダンジョンのマナの要塞で大体手に入るが、グリフォンヘルムだけはマナの聖地にしか出ない。
しかも一旦ここをクリアしたら二度と入れなくなるので、何時間も籠るのを覚悟していたのでこれは幸先がよろしい。

おかげでただでさえ強いパーティーなのに殆ど負ける要素が無くなる。
途中何匹かボスが出てくるが此奴らもポポイの魔法連打でおだぶつだ。
悠々と聖地の最奥部に進むと…

WS038503.jpg

遂に、巨大なマナの樹のを見下ろす高台までたどり着く。
流されるままだったモヤシ主人公ランディも立派に成長し、世界を救う力を得るまでになった。
その力は眼前のマナの樹がもたらしてくれるという。
その力を持ってマナの要塞を倒せば、失われたマナはやがて回復し世界は再び平穏を迎える。

あと一息、あと一息で世界は救われる、はずだ。
ところが…
関連記事

コメント

非公開コメント