聖剣伝説2 2日目 「亡国の危機」

WS037499.jpg

いきなり錆びた剣一つで村を追い出されたランディ。
いくらなんでもひどすぎると水の神殿の巫女ルカ様に人生相談してみると、何やら長話ではぐらかされる。

長話が終わった後、神殿で祀られているマナの種子に剣を掲げよというのでやってみると力を授かった。
世界各地に点在する神殿からかようにして力を授かるがよい、とのことだ。
気弱な少年を助けるどころかさらに過酷な試練を与える。
今の軟弱な時代では信じられないスパルタ教育であった。

WS037529.jpg

ランディの受難はさらに続く。
大人は何もわかってくれないととぼとぼと道を歩いていると、ゴブリンにさらわれ生贄にされる。
いくらなんでも苦難な人生すぎるであろう。
すんでの所で可愛いポニーテールの少女に助けてもらうが、慰めの言葉どころかバカねぇと言われてしまう。
初対面なのに色々とキツすぎる。
この時は散々小馬鹿にされて別れるのだが…

WS037577.jpg

この先にあるパンドーラ王国では、殆どの人々が精気を抜かれていた。
以前窮地を救ってくれた旅の剣士ジェマ曰く、どうやら北にある妖魔の森に済むエリニースという魔女が悪さをしているらしい。
このままでは国防も政治もままならず、今そこらで悪さをしている帝国に攻め込まれたらひとたまりもない。亡国の危機だ。
へぇ大変だねと鼻をほじりながら思うランディだが、そこに先ほどのポニーテールの少女が言う。
そこに行ってディラックを助けましょうと。

彼女は名をプリムと言い、この国の大臣の娘でお見合い中であった。
ところが彼女はディラックという青年が好きだったのだが、それならと大臣はその権力でディラックを前線に送ってしまった。
以前大砲で落ちた先に居たあの隊長である。
そのディラック含めた部隊は北の魔女討伐に派遣されたが戻って来ない。だから…ということだ。

気弱な少年ランディ君はどうやら巻き込まれ系主人公のようで、どんどん取り返しのつかない方向に進むのであった…
関連記事

コメント

非公開コメント