ランス9 11日目 「4軍崩壊、1軍・5軍始動」

WS001935.jpg

ピッテンは危うくランスに殺されそうになるが、マイトレイアと仲良くしている所を見てホモショタ嗜好疑惑が湧き、
これは無害だとランスに評価されてこと無きを得る。
それにしてもランスよりもランスと一緒にピッテンのテントを放火するクルックーがヤバい…

さて、コサック攻略戦だが…浮要塞によってコサックはあっさりと攻略される。
4軍の将ネロは暴走した揚句街に火を放つなどとんでもないことをするので、
ランスが引導を渡す前にあきれ果てた戦姫がそれを行う。
そして戦姫は仲間に。

一方志津香とマリアを付け狙うナギを返り討ちにしつつ、ステッセルのイベントに。
彼はパットンが生きていることを知っているのだが、だからこそ西の砦に居る偽パットンと、
ランスとともに行動をする本物のパットン両方に刺客を送る。
崩壊寸前のヘルマンにおいては民も変革を望んでおり、革命軍の出現によって民意が動かされるのは避けたく、
西の砦のパットンは偽であると公表したいし、皇位継承権を持つ本物のパットンに対しては本当に死んでくれた方が、
傀儡政権を運営しやすいのでランス6の時代からしつこく刺客を送っている。

加えて主力ヘルマン1軍のうち将軍レリューコフ副将カール含む300名を無法者討伐に向かわせ、
遊撃隊の第5軍は何故かリーザス偵察に駆り出す。

ここまでが今までの流れだが…
何かうーん…
フツーのゲームだなぁ。
いや面白いしよく出来てはいるんだけど。

私はランスシリーズは戦国ランスから入って、戦国→6→ランクエマグナム→9と来たので、
どうしてもランスシリーズの基本形を戦国ランスに見出してしまう。
つまり…

「原家と徳川家どっち攻めよう…難しそうだけど徳川家かな?」

「徳川家康可愛いけど戦姫も欲しいしどっち取ろうか…択一なんだよな悩むよなぁ…」

「よし戦姫取ろうよーしイベ沢山回収するぞーうわ武田が攻めてきた!?」

「ぜぇぜぇなんとか撃退したぞさてイベ回収の続き…え?ザビエル復活!?」

な感じで、
「自由度の高いシステムで一度にこなしきれない沢山のイベントを時間に追われつつプチプチ潰していくスルメ感覚」
…がランスシリーズの面白さと思っていたので、ランクエや9になってイベ総当たりになってるところがどうもなぁ、
というのが途中までの感想。

確かに戦国は全てのイベントを見る為に何周もする必要があり、そのゲーム性が今の時代に受け入れられない…
と言うことなのかもしれないが、今の所イベを総当たりでチェックするただの作業になってる感が否めない。
これではよくある和製コンシューマーRPGではなかろうか。
地域制圧型シミュレーションとはゲーム性が違うと言われればそれまでだが…

まぁそのうちどっちを取るかうーんという小気味良いやきもき感が出ると信じたい。
その要素はヒロインだけかもしれないけど。
関連記事

コメント

非公開コメント