ランス03 17日目 「復活の魔王」

WS028586.jpg

まんまとトロイの木馬作戦が成功した解放軍。
混乱に紛れてランスはリーザス地下道を行く。
一気にヘルマンの愚鈍な総司令官パットンを叩くためだ。

そのパットンは…
魔人ノスにいたぶられていた。

ノスの目的はカオスの封印を解くリーザス聖武具の入手。
当初はヘルマンの愚かな戦いに乗じて探し出そうとしたが、ヘルマンは思いのほか弱く、逆にランスに攻め込まれている。
聖武具を持っているランスに。

こちらが躍起に探し出していたものが、向こうから走ってくるのだ。
ならばむしろヘルマンは邪魔である。
そう考えパットンを嬲り殺しにしようとしている所を…ハンティに助けられる。
魔法レベル3の彼女は異次元のゲートを開きパットンを連れてそこから脱出。

このゲートはハンティだけならともかく、人間が通ると何十年も時間が経つ場合がある。
ランス9では、ランスと暗黒魔術師ミラクルがこのゲートを通った時、40年の歳月が流れていた。
だがパットンは奇跡的に大して時間も経たずゲートを通り抜けた。
役立たずでどうしようもないこの男の悪運だろうか。
あるいは、彼を気にかけつつ死んでいった者たちの庇護か。

彼は無能で愚鈍と言われながらも、死にゆくハンティの友人たちはみな、パットンを頼むと言っていた。
小心者で狭量で癇癪持ちでどうしようもない彼を、信じていた。

ゲートを通じ、戦の喧騒から遠く離れた場所に転移したパットン。
自分に関わるほぼすべての人々からは、裏切られるか疎んじられるか嘲られ。
彼らを見返す為だけに引き起こしたこの愚かな戦いは、自身を信じ切る数少ない人を死なせただけで無様に逃走し終焉。
拳を握り締め、歯が砕けるほど食いしばり、流す涙は血の色。
人は本当のどん底に落ちた時、本当の姿を現す。
パットンは――

一方ランス達は玉座に辿り着くも、そこには既にパットンもノスも居ない。
拍子抜けする一行だが、とりあえず一番最初の依頼を果たすこととする。
リーザス聖武具の力で、カオスと呼ばれる魔人に対抗する手段を解放することだ。
カオスがあるという封印の間に向かうランス達。そこには…

WS028708.jpg

魔剣が刺さっていた。
カオスとは、魔剣の事だった。
魔人に対抗できる唯一の手段。
それを引き抜いた時…ノスが現れた。

自身の真なる主、魔王ジルの復活を祝福するために。

この世界は混乱を統べる王・魔王が必ず存在しており、大体1000年周期で代替わりする。
現在は未覚醒の魔王美樹。その前は二重人格の魔王ガイ。
ジルとはガイより以前の魔王であり、歴代最恐と言われている。

ノスが動いていたのは全てこのためだった。
偽りの主ホーネット等の為ではなく、自身を魔人にしてくれた絶対的な主、魔王ジルの封印を解くためだった。
真の主の体を縛っている魔剣カオスをランスに引き抜かせることで。

真の主が復活した今、魔剣カオスは主に仇なす危険物。
カオスは復活早々、ノスにより叩き折られる。

魔王ジルは力の大半を失い、その体も縮まり見た目は少女のようになっている。
だが魔王の復活とは、絶え間ない死と恐怖の時代の幕開けを意味する。
カオスも破壊された今、彼女らを止めるものはもはや何もない。
比喩でなく、路傍の石よりも価値のないランス達など一顧だにせず、ジルとノスは地上へ向かう…。

魔人を倒し、魔王を封印しうる最後の手段であるカオスを失った人類。
最早希望は無いのか…

WS028711.jpg

と思いきや、割と元気そうだ。
このカオス、知性を持っているのだが、そのエロエロさはランスとどっこいどっこい。
女をくれなきゃ復活してやらないと駄々をこねている。
おのれこの駄剣…燃えないゴミに出してやろうか。

どうも近親憎悪ありまくりのランスだが、こんな状況でも一応世界の危機なので、仕方なく駄剣の為に女を調達に行く…
関連記事

コメント

非公開コメント