エリア88 34日目 「アスラン解放」

WS001555.jpg

前回エリア88を急襲したB-1にてこずった事もあり、プロジェクト4の地上軍はタンドリア首都を包囲。
ここを抑えられるとタンドリアのすぐ近くにあるスエズ運河を抑えられる事となり、ヨーロッパの石油は干上がってしまう。

プロジェクト4は包囲後48時間の猶予でタンドリアに対し降伏勧告を行っているらしい。
それをそのまま指をくわえて見ているエリア88の連中ではない。

アスランに駐屯するプロジェクト4の連中が出払っている隙に、アスランの主要基地を制圧する作戦に出る。
プロジェクト4の傀儡になっているとはいえ、アスランを守るのはアスラン正規軍。
言わば味方同士の戦いになってしまうが…

WS001563.jpg

WS001571.jpg

WS001572.jpg

何と、アスラン正規軍はプロジェクト4に反旗を翻しエリア88の味方に付き、次々と自ら投降し基地を明け渡す。
外人部隊より嫌われるプロジェクト4とは…よっぽどである。まあ当然だが。

結局上がってくるのはプロジェクト4の居残り組だけであり、軽くねじ伏せることに成功。
しかし…

作戦は思わぬ援軍もありあっけなく成功したかにみえたが、本当に大変なのは戦闘後なのはイラク戦争を見ても明らか。
エリア88・革命軍(アスラン正規軍)・プロジェクト4との戦いに巻き込まれた市民は混乱の極みを呈しており、
見るもの全てが敵に見えてしまっていた。

そして戦場視察で少女と出会ったグレッグが、
WS001582.jpg
混乱した少女に敵と間違われ少女に打たれ死亡。

さて、ここから原作エリア88では漫画史に残る全滅エンドが始まるわけだが…
このゲームでは果たしてどうなるか?
関連記事

コメント

非公開コメント