コードヴェイン 20日目 「歌声」

Code Vein Screenshot 20191221 11023149

爪骸の継承者エミリーを正気に戻し、記憶を返還した主人公達。
そんな彼女らをせせら笑うように現れるミドウ。

しかしこの期を待っていた!と後ろから飛びかかるジャック
…なのだが、手痛い反撃を喰らってしまう。

ただの科学者だったミドウは、自身にも徹底した改造を施し、名のある吸血鬼狩人であるジャックすらものともしないまでになった。
実際ジャック先輩ってバディにしてもあまり役に立たないよな…と言ってはいけない。

この世界に暗躍するミドウ。
その目的は未だ謎だが、神骸を集める他に、継承者を意図的に暴走させようとしているようだ。

Code Vein Screenshot 20191221 11033499

喉骸の継承者でもあるエヴァをあえて逃がしたのも、暴走させる措置を施しておいたからだという。
今頃彼女はその暴走と戦いながら、雪山を闊歩しているだろうと、相手を嘲弄しながらも居どころをさりげなく教えるミドウさん。
出来た悪役である。

神骸の継承者を暴走させる理由は、そうすることで神骸がグレゴリオ・シルヴァの肉体を求めるからだと言う。
シルヴァとはこの世界を事実上支配し、血税政策を敷いている偉い人で、クイーン討伐線の総指揮官でもあった人物だ。
なぜ神骸がシルヴァを求めるのか、そして神骸暴走させ、シルヴァを求めさせようとする理由は何なのか。
それは明らかにされないまま、ミドウは消える。

Code Vein Screenshot 20191221 11440056

エヴァの足取りを追う一行。
雪山を抜けると…そこには砂漠があった。
このあたりに砂漠は無いはずなのだが…ジャック先輩曰く、エヴァの生まれ故郷は砂漠地帯だったという。
おそらくエヴァは暴走する自分自身を封じるために、薄れゆく意識の中、神骸の力で砂のを作ったということなのだろう。
なんとなくヤンデレ入ってて危なそうな見た目のエヴァだが、実際は律義な性格をしている、優しい女性なのだ。
そんな彼女を救うべく、一行は砂の棺に挑む。

ここはリーチ…吸血、つまり冥血を吸ってくる砂だらけだ。
錬血を多用するようなスタイルの場合、結構難儀するだろう。
私は何も考えずゴロゴロ転がって片手剣でザクザクなのであまり痛くないが…

Code Vein Screenshot 20191221 12571077

他にも、坂の上から巨大な砂玉を落としてくる敵なんてのも居る。
建物の路地に隠れつつタイミング良く駆け上りつつ…としていると、路地に堕鬼がいたりしてなかなかいやらしい。
最もそんなに強敵はいないので落ち着いて対処だ。
道中も素直であり、全体的にみればここもそう難しくない。
聖堂と比べれはどこも天国である。

砂漠の奥深くにくると、、イオと同じような姿をした女性が立っていた。
彼女のような存在は神骸の継承者であるアウロラやニコラやエミリーにも居た。
神骸の継承者に寄り添う役目をもっているのだろうか。

さらに奥に向かうと、歌声が聞こえてきた。
これはエヴァの歌声だ。
そこには…

Code Vein Screenshot 20191221 14210848

暴走しかかって異形の存在が彼女の体を包みつつある、エヴァが居た。
今ならまだ間に合うかもしれない。
剣を構え、戦端を開く…!

関連記事

コメント

非公開コメント