ランス01 8日目 「黒幕」

WS012588.jpg

妃円屋敷の開かない扉の鍵を手に入れるため、ランスはリーザス辺境をウロウロし、無事いかなごを手に入れる。
早速ネカイに渡し彼女から鍵を貰う。
ちなみにネカイをしつこく追いかけていると彼女は足を滑らせて剣が刺さって死んでしまったりする。
そうして死体から鍵を剥ぎ取ることも出来るが、流石に後味悪すぎる…

ネカイから手に入れた鍵で閉ざされた開けると…中には裸の女の子が居た。
がははーっと衝動的にこますランスであるが、その一部始終を映像で見ているものがあった。
――王女リアだ。

彼女はサカッっているランスをみて、ペットとして欲しいという。
どうもとんでもない王女である。

妃円屋敷の捜索が少しずつ進む度に、リアの極悪非道な行いが明らかになってくる。
彼女は女学園から可愛い女の子を浚っては、酸鼻極まる拷問を施し悦に入っていた。
この屋敷に出てきた幽霊、ラベンダーもその一人である。
あまりに不条理に拷問され、その果てに死を選んだ彼女は死んでも死に切れず、幽霊としてここに残って居たのだ。

彼女の日記には、拷問は夜の9時から11時までの2時間に行われるという。
それを読んだランスは、屋敷一階にある、9時13分で止まっていた壊れた時計の針を動かす。
11時まで針を回すと…鐘が鳴る。拷問の終わりの時間だ。
そしてそれがきっかけとなり、ラベンダーは未練が吹っ切れる。

王女を止めてくれと頼み、何よりこれまで殺していた感情が蘇り、ひとしきりランスの胸元で泣く。
最後の最後に人間らしさを取り戻した彼女は、微かに笑い、そして消える…

可愛い子の損失は世界の損失であり、ランスの損失でもある。
怒りに燃えるランスはリーザス城へ殴りこむ。
リアにお仕置きする為だ。

王女の間にどかどかと入り込み、いつものちゃらんぽらんのランスとは違う、震える怒りでリアを問い詰めるランス。
が、リアはまるで悪気が無い。
嫌味すらない。
恐ろしいまでに純粋ゆえに、悪いという意味すらわかっていない印象を受ける。

教科書に書かれている文字を読むのと同じくらい感情の無い言葉で、彼女は語る。
かわいい女の子を苛め倒したいという自分の趣味の為に、女学校から「おもちゃ」を手に入れ遊んできたこと。
ペットのモンスターがすぐおもちゃを壊してしまうので、壊れないようにランスをぺットにしようと企んでいること。
そして…

WS012647.jpg

ヒカリもおもちゃとして、彼女の手の内にあること。

全ての黒幕が、リアだったのだ。
いくら世界一豊かな国の王女であるリアであろうと、これは許してはおけない。
義憤などではない。世界の可愛い子は全てランスのものだからだ!
おのれこのサド王女め…ランスは刀に手を置く。
その瞬間。
マリスの魔法でランスは昏倒させられる。


……

目覚めると、ランスは椅子に縛り付けられていた。
そして彼の目の前には数々の拷問道具があった。

冷徹な笑みを浮かべ、リアが近寄ってくる。怪しげな薬の入った注射器を持って。
何とか身をよじって脱出しようとするランスであるが、きつく縛られ全く動けない。

針が首元に触れる。
冷たい感触が伝わる。
ランス、絶体絶命。
その時…!
関連記事

コメント

非公開コメント