エグザイル 17日目 「水の徴」

WS010512.jpg

アランビーケのある洞窟自体は素直な作りであり、ボスも弱く簡単に手に入れる。
これに加えユダヤ人が作ってくれたケロタキスも完成したので宿屋に居るファキールの元へ持っていくと、ウロボロスの動きを止めるアイテム「ゴルゴニア石」が出来る。

ちなみにルーミーに探させていたエメラルド表なるものも見つかったのだが、これはどんなアイテムかというと…

WS010506.jpg

エロ本だった。
………………………
セクハラにも程がある。
というかそれ以前にプレイヤーに散々お使いさせた結果がこれである。
すごいゲームだなしかし。

とりあえずこの一連の経緯は見なかったことにして、ウロボロスを捕まえに南の泉へ。
ゴルゴニア石を使うことで一番上の画像のようにウロボロスが自分の尻尾をかじったまま固定された。
後はキモ探しである。
謎のアサシン水泳術を駆使して水中でも平気で歩き回るサドラーであったが、さてキモはどう取り出すか…
やはりキモは肝臓であるから切りつけるか、あるいは体内にもぐるのか…と思いきや…

WS010514.jpg

おできのように体外に出ていた。
………

とりあえずリンゴをむしるのかのごとくキモを手に入れ、アレクサンドリアの錬金術師の元に持っていく。
しかしカチコチに固まっているので砕く必要があるらしい。
そこで町の人々に聞いてみると、ほら吹きじいさんがセイレーンの話をしてくれる。
セイレーンがあまりに美しく、その美しさのあまりあらゆるものを砕いてしまうそうだ。
一体何を言っているのかさっぱりわからないのだが、セイレーンの住処である灯台の位置を教えてくれたので言ってみる。

果たしてそこにはセイレーンが居て、無事石が砕けた。
うーむ。

しかしそれにしても意味不明過ぎるゲームである。
このゲームの意味不明さはたけしの挑戦状とタメを張るかもしれない。

こうしてサドラーたちは水の徴を手に入れた。
これで集まった徴は、天、地、水、火の四つ。
なんで集めてたのか遂に謎であったが、サドラーはしれっと「これでバグダッドの宮殿には入れるぞ!」と言っている。

バクダッドの宮殿にこそ、シーア派であるサドラーたちの仇敵、スンニ派のセルジューク朝カリフが居る。
このカリフの暗殺こそが、サドラーたちの使命なのだ。すっかり忘れていたが
しかしそこは固い門に閉ざされており、これを開けるために必要なのがこの四つの徴だったのだ。

…そうだったっけ?
だから徴を集めていたのか…全く知らなかったぞ。
このゲームの説明不足なのかメッセージを見落としたのかよくわからない。
まぁとりあえずバグダッドに戻る。
やっとこれでサドラーはアサシンらしい仕事が出来るようになる…のか?
関連記事

コメント

非公開コメント