エグザイル 6日目 「イスラム最強戦士、ハローワークへ」

WS010072.jpg

アサシンの精鋭3人(残りの1人はいつの間にか死亡)のうちルーミーを仲間とし、残りの二人についてイスファン方面へ北上する。

そこで立ち寄った村は、セルジューク朝カリフの軍隊によって半ば滅ぼされていた。
生き残った住人に話しを聞く。

彼らはイスファンを治めるサファヴィー王家を滅ぼし、自分たちのものにしようと企て侵略したのだ。
なんと、セルジューク朝許すまじ!
やっと話が重厚になってきた。

続いて仲間の情報も聞く。
魔術師ファキールの詳細な居場所は不明。
しかし戦士養成員で大男のキンディについては詳細な情報を得る。
彼はこの地で村人と仲良く暮らしていたのだが、イスファンの奴隷狩りに連れて行かれたらしい。
使命も果たさず村人と仲良く暮らすとか何考えてんだと思うのだが、多分深い理由があるのだろう…絶対無さそうだが。

ともかくも、いよいよ話も真面目な展開を迎えそうなわけだが…

WS010088.jpg

ぶらりと立ち寄った職安で、サドラーたちが有無を言わさず仕事を押し付けられる。
するとルーミーが嬉々として宿屋のバイトを引き受ける。
セルジューク朝のカリフ軍がイスファンを侵攻している重要な局面だというのに、ルーミーはサドラーに、

WS010092s.jpg

色目を使う。
何なんだこのムスメは…

しかもどうやらこの職安のオヤジが突きつけた仕事をクリアしないと先に進めないようだ。
一番最初のヤク中の男救出もそうだが、何の導入もなくいきなりタスクを突きつけられるのが多すぎるぞこのゲーム…!
起承転結でなくて、承承承結という感じでどうにも脳みそが付いて行かない。
さすが日本テレネット、ザインソフトに次いで妙なゲームを出すことには定評のあるメーカーである(と勝手に認定)。
とりあえずサクッとメデューサ退治の仕事をこなしたので、次は盗賊退治に勤しむこととする。

そんなことしている場合では無いと思うのだが…
関連記事

コメント

非公開コメント