エグザイル 4日目 「バグダッドでレベル上げ」

WS010044.jpg

何の義理もないヤク中の男を助けるため収容所をウロウロするサドラー。
こんなことをしている場合ではなく、早くセルジューク朝のカリフを倒さねばならないのだが…何故こんなことをしているのだろう。
でも他に行けるダンジョンが今のところここしかないのだ。
多分ここをクリアすれば行ける場所が増えるのだろう。
この理不尽な強制力、さすが昔のゲームである。
昔といってもイース2の頃のゲームだからもっと整合性が取れてても良いと思うのだが…

と、ぶつぶつ言いながら収容所をうろついていると、言葉が怪しい妙なフードを被っている男に出会う。

コイツはこれまでに出会った中ボス(フェンシング男)より遥かに強い。
ぴょんぴょん胡散臭く跳ねながらナイフを投げてくるのだが、これに2,3発当たるだけで死んでしまうのだ。

ハシシ等の麻薬を打てば(しれっと書いてるけど良いのかこれ…)一時的にパラメーター等が上るのだが、副作用でその後パラメーターが下がる。
このボスは何十回切りつけても死なないので、折角麻薬打って自己強化しても倒しきれずに副作用を受けたらエライことになりそうだ。
そこでレベル上げに勤しむこととする。

レベル上げのポイントでお勧めなのは、バグダッド内にある一番最初に入るダンジョンのここだ。

WS010049.jpg

判りにくいが、右で手を振り上げている敵の左下の細い路地に座っているのがサドラー。
この状態でひたすら剣を振り続けていれば、敵から一切ダメージを受けずに延々と右からやってくる敵を倒せる。
ここでレベルを2ほど上げたので、いよいよフード男にリベンジである…!

ちなみに収容所にはボスが複数居るのだが、どうも彼らの言動がことごとく怪しい。
何か秘密を隠してるとかそういう怪しさではなく、ただ怪しい。

asohdhua.jpg
そっこく

asdasd.jpg
今夜はごちそうだ!

ザイン文学やスタークラフトのジェイミースターシリーズのテキストに通じる何かがある。
関連記事

コメント

非公開コメント