エグザイル 3日目 「収容所へ」

WS010020.jpg

最初の村で一通り情報収集したので、次は北にある収容所に向かう。
セルジューク朝カリフの暗殺という大儀を背負いながら、やる事はまず収監されているヤク中の酔っ払い探しというのが…

しかも最初のダンジョンだというのにいきなりマップがややこしい。
横スクロールアクション+迷路というソーサリアン的な構造をしており、ドツボに嵌るといつまでも行ったりきたりで中々大変。
仕方ないので軽くマッピング。

あと道中でボスが居るのだが、何故かイスラム世界なのにヨーロッパ競技のフェンシングを使ってくる。
動きが微妙に滑らかなのもまた変である。
こいつがまた強い…というか雑魚からして強い。

装備は今のところ鉄のサーベルと鉄の盾なのだが、これだけでは心許ないのかもしれない。
という訳で一旦収容所は出て、西にあるバグダッドの都に向かい、装備を整え、あと体力回復剤も買い込む事とする。

まず装備。

WS010040.jpg

盾とサーベルだけでなく、ターバンとかゼブハとかイヒラムとかいうのも装備できるようである。
このゲーム、装備できる箇所がわかりやすく最初から空いているわけではないので、何が幾つ装備できるかさっぱりわからない。
しかもアイテム屋も水鉄砲とかよくわからないガラクタと一緒に装備らしきものものを売っているので、とりあえず買って装備できるかどうか試すしかない。

ターバンは頭装備となんとなくわかるのだが、ゼブハとかイヒラムとかまず用語からして謎である。
調べてみるとゼブハはイスラムで使う数珠のようなもので、イヒラムとは巡礼服の事らしい。
で、これらは装備できる。
こんなのわかるか!

あとクルアーン(イスラムの聖典クルアラーン・コーラン)というのも売っているのだが、これもなんと装備品である。
これを装備するとAC(防御力)が上る。
イスラムの聖典を盾代わりにする主人公…いいのかよ!

気を取り直して体力回復剤を買い込みに薬屋に行くが…

Wasirk.jpg

赤十字
イスラム世界のド真ん中で堂々と十字架を掲げて営業する、全方位に喧嘩を売るこのスタイル。
恐ろしいお姉さんである。

大丈夫かこのゲーム…
関連記事

コメント

非公開コメント