エグザイル 2日目 「ルーミー」

アサシン最強(らしい)の戦士サドラーは、アサシンの首領サッバーフからの命令を受ける。
先に敵地に潜入し行方不明となった精鋭の4人の捜索と、セルジューク朝のカリフの抹殺だ。

精鋭とは言え音信普通という事は、強大なセルジューク朝の罠に掛かったかあるいは殺されたか…
身を引き締め、とりあえず辺境の村に潜入するサドラー。

一通り町の者から情報を得て、さてでは本格的に捜索を開始するか…と思いきや、ゲームが始まって一番手前の建物から…

WS010004.jpg

あっさり一人目が見つかる。
しかもやたら軽い。
こんなのが精鋭の一人なのか…?

しかも彼女はイスラム教徒のはずだ。
女のイスラム教徒であれば、ヒジャブ等の肌を隠した服装を着てしかるべきだが、

WS009988.jpg

涼しげ。
うーん…

気を取り直し、彼女とこれまでの情報を聞き出す。
すると仲間の内の一人が、北のバグダッドに連れて行かれて消息不明らしい。
ルーミーはこのことを調査するため、1人先にバグダッドの神殿に潜入調査に向かう。激しく不安だが…
というか他に情報は無いのか…

村人から得られた情報としては、3人の男女がハシシを買い、北の方角に行ったという。
ハシシ買い求めたということは、この3人が、4人の精鋭のうちのルーミーを除く残り3人だろう。
暗殺者の足取りがそこらへんの村人にバレバレというのもどうかと思う。

別情報として、北の収容所にヤク中の酔っ払いが1人収監されているという。
激しくどうでもいい情報だが、他にすることも無いのでこちらも探索候補に入れる。

あと、最後に一つだけ。

WS010007s.jpg

何で通貨がドルなんだよ!
大丈夫かなぁ…
関連記事

コメント

非公開コメント