ラディア戦記 黎明編(テクモ)

WS008982.jpg

■紹介
1991年、テクモより発売されたファミリーコンピューター用アクションロールプレイングゲーム。
スーパーファミコンが発売され、ファイナルファンタジー4が発売された後のゲームであり、注目度が低かったが丁寧につくられた良作。
音楽、グラフィックともファミコンのレベルを超え、キーレスポンスも良くゲームはテンポよくサクサク進む。
移動が遅いことと、一部ゲームバランスやストーリーは大味なところがあるが、当時からすれば充分なレベルである。
ストーリーも切なく、最後の展開はホロリとさせられるかもしれない。
黎明編という名の通り適度な謎は残すが、後味はすっきりしておりこれ一本でも充分満足に楽しめる。
本当にそつの無い良作である。あと1~2年早く発売されていたら化けていたかもしれない。

■評価
B+

プレイ日記はこちら
簡易攻略はこちら
Amazon→ラディア戦記

関連記事

コメント

1989年には、PC88と98でさらに傑作のエメラルドドラゴンが
発売されていますから遅すぎる気がしますよ
非公開コメント