信長の野望 戦国群雄伝 8日目 「教育殿様」

WS008886.jpg

北条氏は越後と下関東を支配していたが、下関東の領地を全て裏切り工作で平らげた事により、にっちもさっちもいかなくなった北条氏は傘下になる。

さて残るは西日本だが、このまま力押ししても勝ちは見えているので、信長はもう自ら動かず尾張に引きこもり、台風や疫病でガタの来ている父祖の地をリフォームする。
その後、直系や譜代の家臣をひたすら教育していく事とする。
実に地元愛溢れる情篤き信長である。
そして教育しきった譜代家臣たちに人材登用や脅迫等をやらせるプレイに。
…ただの極悪魔王である。

WS008900.jpg

まず三好家で厚遇を授かっていた柴田勝家を無理やり引き抜いてより厚遇を授ける。
彼も譜代家臣だからね…

そうしてひたすら家臣を教育し、適時脅迫。

WS008888.jpg

尼子氏ゲット!

WS008903.jpg

三好氏ゲット!

そうしてこちらがひたすら家臣を教育している最中に委任武将達が自ら判断して動いて…

WS008906.jpg

長宗我部元親没!

やな三段オチだな…
その後元親の後を次いだ三好義継は無論信長に抗う器ではなく、脅迫してあっさりと傘下に。

残るは毛利氏のみ。

なんだか…どうしようもないプレイだな…
いやこれも徒に戦争を起こして民を泣かさぬため…ぶつぶつ…
関連記事

コメント

非公開コメント