ぎゅわんぶらぁ自己中心派 「キャラ紹介その3」

WS008431.jpg

「ぎゅわんぶらぁ自己中心派3 望郷さすら雀士編」キャラ紹介

3_saito.jpg
名前:ジニアス斉藤
試合数:56
平均順位:2.2
平均得点:9,043
ランキング:8位
技術:A 運:A 総合:A
キャラ説明:プロ麻雀界に彗星の如く現れた天才雀士。セオリー通りに打つと返ってドツボにハマってしまう局面を「野生のカン」で見極める鋭い嗅覚により、数々の麻雀大会を総ナメしてきた実力派。ゲームにおいては大人しめのドラ夫という印象であり、確実に高めを引き上がるツキの太さと打ちまわし技術の高さに目を見張る。面前での手作りが多めなので鳴いて早上がりをしたいところだが、相手の方が競り勝つ場面も多い難敵。

3_saotome.jpg
名前:早乙女牌
試合数:62
平均順位:2.4
平均得点:-4,386
ランキング:12位
技術:C 運:A 総合:B
キャラ説明:超お嬢様であり下々の生活を垣間見るために雀荘ミスチョイスにやってきた学習院大学の女子大生。モデルは漫画「愛と誠」のヒロイン早乙女愛。非常にお嬢様であり、鳴くと牌を「どうぞ」と手渡ししてくれたり、点数計算が出来ず「おいくら?」と聞いてきたりする。お嬢様だけあって苦労知らずの配牌・恵まれたツモをしているが、打たれ弱く、リーチされたり直撃されたりすると元気を無くしてしまう。

3_kaba.jpg
名前:哭きのカバ
試合数:48
平均順位:2.8
平均得点:-12,309
ランキング:23位
技術:A 運:E 総合:C
キャラ説明:名前はむうみん。モデルは童話「ムーミン」から。まんまである。元来非常にツキが細く麻雀に負けてばかりで嘆いたところを、スナフキン(これもまんまである)に「ツキは相手から奪えばいい」と、鳴き麻雀を伝授される。その結果鳴きに鳴いて相手のツキを奪い、最後にリンシャンで引き上がる恐るべき技術を手に入れた。つまり漫画「哭きの竜」の主人公、竜の要素も入っている。竜とムーミンがモデルの実に大らかな時代を象徴するキャラである。ゲームにおいてもまさに竜のような打ち筋を見せ、とにかくやたら鳴きまくりカンをすると高確率でリンシャンを乗せてくる。リンシャンを乗せてくるのはPC操作なので技術とは違うのだが、原作に倣って技術ということにしておく。いわばリンシャン保証のタコ麻雀とも言え、そう考えると恐ろしいのだが、元来の運の無さが災いして勝ち続ける事は意外と少ない。

3_take.jpg
名前:武田震源
試合数:57
平均順位:2.6
平均得点:-7,898
ランキング:20位
技術:B 運:C 総合:C
キャラ説明:老け顔の学生。戦国武将さながらの渋い打ち筋を見せ、守る時は徹底して守り、攻める時は烈火のごとく攻める、まさに風林火山の如き機略縦横の打ち筋を見せる…のだが、ゲームでは他のバカヅキ雀士に良いように弄ばれている印象が強い。ツキが薄いのである。

3_kara.jpg
名前:カラポン
試合数:46
平均順位:1.8
平均得点:31,433
ランキング:1位
技術:E 運:A 総合:S
キャラ説明:ハルタン星人と共に宇宙から麻雀を打ちにやってきた宇宙怪獣。モデルはウルトラ怪獣のガラモン。ポン出来る牌が河に出るとシャワワという謎の鳴き声と共に必ずポンをする。ゲームにおいてはその打ち筋を再現する為に配牌から刻子が多く、ツモも刻子・槓子が集まってくるようになっている。そのためデフォルトでトイトイ+αの手を引き上がり1回1回の上がりが大きく、更にカンしまくって四槓子になることもある恐るべき打ち手。ゴッドハンドや勝ち過ぎの金造のようなとんでもないツキまではいかないものの、彼らのように一度でもアガリを挫かれると途端に弱くなることもない。そして人外特有の強力なツキに加え、待ちが読みにくくかつ刻子に寄りやすいカラポン独特のツモが相まって勝率が非常に高く、本ゲームでは最強格である。

3_et.jpg
名前:E.T.
試合数:50
平均順位:2.1
平均得点:13,969
ランキング:6位
技術:B 運:A 総合:A
キャラ説明:麻雀を全く知らない宇宙人。モデルはE.T。これもまんまである。全く知らないのでルールブックを見ながら麻雀をするが、恐るべき頭脳とツキによりルールブックに記載されている役を順次上がっていく。ゲームでも局が始まる度に上がる役を宣言するが、その通り上がった試しはなく口三味線にしかなっていない。しかし実力は高く、的確に勝ちを拾っていく。ツキは宇宙人だけあって高いが、ほかの宇宙人雀士に比べ面前志向である分打ちやすい相手ではある。なおこちらが降り込むと指を当ててきて癒してくれるが、別に点棒を返してくれるわけでは無い。

3_kita.jpg
名前:ケケケの北郎
試合数:62
平均順位:2.4
平均得点:-3,032
ランキング:13位
技術:B 運:B 総合:B
キャラ説明:墓場に住む妖怪雀士。モデルは漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公。人外らしくツキが強めだが危険牌を引っ張り込みやすいという弱点がある。しかし危険牌は妖気を感じるようで中々切り出さない為防御力は高い。リーチを指示する目玉おやじの指導力のせいかアガリ頻度もそれなりに高く、総じて中々手ごたえのある相手に仕上がっている。

3_chon.jpg
名前:CHON-CHON
試合数:66
平均順位:2.8
平均得点:-21,791
ランキング:29位
技術:E 運:B 総合:D
キャラ説明:全国のオーディションで選ばれたアイドル雀士。モデルはアイドルの小泉今日子。可愛いがドジっ子であり、麻雀の腕も致命的に下手だが、ボロボロに負けてもめげずに頑張る姿と、たまに上がるとファンに大感謝する所から絶大なファンを獲得している。ゲームでも相変わらずの下手さであり良く振り込んでしまうが、トップアイドルに昇りつめただけあって運は強く、たまに爆発して大勝ちする。

3_kata.jpg
名前:片ちん大王
試合数:57
平均順位:2.2
平均得点:10,158
ランキング:9位
技術:A 運:B 総合:A
キャラ説明:日本タコ友の会会長。モデルは本ゲーム原作漫画の作者である片山まさゆき。タコ友の会会長という肩書だが他のタコのようにタコツッパリもせずタコ鳴きもせず、こちらが高めを作っていると速攻で上がり、こちらが逃げ切り麻雀をしていると面前から高めを上がって追いつく、普通に強い打ち手である。後にリリースされる家庭用ゲーム機版ではラスボスを務めている場合もあり、そのせいだろうか。なお彼はどんな小さなアガリでも手をちょこまか振って喜ぶので、こちらの負けが込んでいるとイライラしてくる。

3_baba.jpg
名前:ババプロ
試合数:51
平均順位:2.8
平均得点:-17,044
ランキング:26位
技術:B 運:C 総合:D
キャラ説明:分厚い唇と強引なメンチンがトレードマークのプロ雀士。モデルはプロ雀士の馬場裕一。どんな手でもムリチン(無理やりの清一色)を狙う強欲キャラのみならず、女性に巨大な唇で迫ったり大きなアガリをすると唇から涎を垂らしてエクスタシーを感じたりする等動くセクハラとして縦横無尽に活躍した。ゲームでもほぼ必ず最初にムリチン宣言をしてチンイツ(ごくたまにホンイツ)を狙ってくるが、ツキは常人並であり、また鳴くことも殆どしないので上がることは殆どない。しかし一度でも上がりを許すと趨勢がほぼ決まってしまう怖いキャラでもある。

gattomaio.jpg
名前:自分(管理人)
試合数:55
平均順位:2.4
平均得点:6,567
ランキング:15位
技術:C 運:C 総合:C
キャラ説明:このブログの管理人。つまり自分、つまり私である。点数計算は危うい。基本的に高め狙いの面前志向だが、負けが込んでくると三元牌即切りのタンピン又はホンイツ狙いに走る。またリアルと違いゲーム麻雀は失うものが無いのでかなり強引なツッパリを見せる。
参考までにネット麻雀「天鳳」の戦績を載せておく。
senseki.jpg
まぁ普通…だと思う。ネット麻雀は赤あり東風戦が多いので副露は多め。それでも標準よりは少ない方かもしれないが。
関連記事

コメント

非公開コメント