ヴァルキリープロファイル 13日目 「魔術師」

WS041804.jpg

那々美は養親の期待に応えるため、何度も神社の後を継ぐ儀式を行う。
彼女はこれまで何度も体調不良や災難に苛まれてきたが、そんなことに負けるわけにはいかない。
何よりも志半ばで死んでしまった養親の実子であり(多分)親友の美那代の為に。

そうして何とか儀式の目的地まで来ると、そこに養親の実の子であり、死んでしまった美那代が霊体として現れる。
那々美を襲っていた災厄の原因は彼女の運が悪いからという事でなく、霊体となった美那代の仕業だった。
この世に未練を残して死に、更に自分に代わり親の愛を受ける那々美に嫉妬し、やがて闇堕ちし不死者となった彼女の。

不死者となればヴァルキリー・レナスの出番である。
不死者とみれば問答無用に切りかかる中々あぶない彼女であったが、それを那々美は止める。
美那代は死して自分の道を失ったが、自分は死しても英霊としての道があるかもしれないから。
本来美那代が歩くべきだった道を那々美は譲り、その肉体を彼女に譲り渡し、那々美は英霊となる。

かくて現世に蘇った美那代。養親も実子が蘇り大層喜ぶ。これで良かったのだ。これで…
美しい話のように見えるが、那々美は実親はいないわ親友に祟られるわでこの世に疲れてしまったのかもしれない。
そういう意味ではかなり暗い話と言えよう。このゲームの登場人物はだいたいこんなのばかりである。

WS041838.jpg

というわけで那々美ちゃんなわけだが、彼女は魔術師タイプだ。
魔法ポーズに何とも言えない趣があってとてもよい。
彼女は魔力のデフォルトがかなり強く。ジェラードでは一確できない敵でも彼女なら出来る。
背負っているものが重すぎて辛すぎたせいか、その反動かもしれない。

WS041853.jpg

魔術師はパーティに1人で充分な気がするので、もう一人の魔術師であるジェラードをビシバシ人格矯正し天界に送り込む。
一体レナスはどんなことをしてジェラードの世間知らずとかタカビーを直しているのかわたし気になります。