レリクス 5日目 「白の鎧」

WS034185.jpg

幽霊と出会った後、扉を潜ると白い戦士が居た。
彼とは戦う間もなく、目が合った瞬間勝手に乗り移ってしまった。

こちらの白い戦士は86年ポプコムによるとアーマーと言う名前らしい。
何が何やらわからないが、これも1つのフラグになっている。
もしもここで勝手に乗り移らなかった場合、ベストエンドフラグは折れてしまっている。

このゲームには攻撃性・知性・行動力・好奇心・正義感・残虐度の5つのパラメーターがあり、これらの値で3通りのエンドがある。
ベストエンドフラグである理想型は他のキャラをあまり殺さず、かつドキュメントを集めたりとムラ無く行動しないといけない。
ドキュメント集めをさぼったりすると知性型になる。
もしも白い戦士に勝手に乗り移らなかった場合、知性型と判断されてしまい、後述する女性を助けられず一人で脱出ENDになる。
さらに他のキャラを殺し過ぎたりすると攻撃型となり、最強のモンスターになるまで乗り移りを繰り返す。
いわゆるマルチエンドであるのだが、当時は自分の目的を自分で定めるゲームと紹介されており、そこにまた震えたものだ。

で、その女性というのが上の写真にある、封印されている謎の女性だ。
このゲームはドキュメントを吐き出す女人像やら、黄金の戦士との戦いの場である女性の彫刻。
そしてこの封印された女性に、オープニング曲の名前はWOMAN。
そこかしこで女性をキーワードとしたギミックにあふれており、当時ちびっこだった自分は大変ドキドキしたものである。

この封印された女性には今のところ何もできることはないし、彼女の正体もまだわからない。
この白い戦士、正確には白い鎧はきっとこの女性を守るために遺跡にずっと居たのだろうか。

WS034176.jpg

白い戦士の体を手に入れると先に進めるようになる。
壁が鼓動のように脈打つ、不気味な地下世界へと。

先に進むと物凄いでかい彫像に出くわし、たいそうおったまげる。
そのデカさや不気味さが、この異様なゲームの異様な世界観を構築するのに一役買っていた。
特に何か秘密が隠されているわけでもないのだが。

ここは必ず、写真のように彫像に背を向け、バックジャンプで穴に飛び込もう。
その理由は…

WS034178.jpg

穴の下にはギガというエイリアン種族の一匹がおり、白い戦士が着地しよろめいている所をいきなり噛みついてくるからだ。
ここはこのゲームの難所の一つだ。
着地してすぐ噛みついてくるので、必ずしゃがみ攻撃を連打しておこう。
ただ連打しておけば安心と言うわけもなく、こいつはスキをかいくぐって噛みつくのがなかなかうまい。
うまいとほめている場合ではなく、そうなったらまず脱出できずそのままかじられ続けゲームオーバーになる。
なのでしゃがみ攻撃連打で間合いを離したらジャンプし飛び越え、そのままやり過ごすのが一番賢い。

ここはあまりに難しすぎたのか、8bit版ではギガが少し遠くに置かれ攻撃も柔らかくなっている。
8bit版に慣れた向きには地獄を見るであろう。まさにHELLへようこそである。

WS034192.jpg

地下世界では、人畜無害なセム(兔のような動物)がウロウロしてはいるが、基本的に非常に危険な場所だ。
異様な造形の獣が闊歩している中、落盤やら光る触手やらよくわからないものがうじゃうじゃある。

おっかなびっくり捜索していると、黄金の彫像を見つけた。
こちらの用途はいずれ明らかになる。

レリクス 4日目 「黄金の悪魔」

WS034135.jpg

あらかたヒントとドキュメントを回収し終えたら、遺跡を下ろう。
針によって封鎖されていた場所が、制御室を破壊したことで通れるようになっている。

その先に居るのは…ボス。
この遺跡調査隊マークスの長だ。
誰だお前は。誰もこの扉を開くことは出来ない
と言って、この先にある扉を死守している。

このボスは倒しても倒さなくても良いが、倒した方が楽ではある。
ただ倒すとなると中々に強い。
単純にダッシュやジャンプで突っ込むと繰り出す炎によって大ダメージを受けるからだ。
炎の出がかりは遅いので、相手が攻撃モーションに入ったらジャンプでも良いが、これもあまり安定しない。

結構もっさりしたゲームであるうえセーブも出来ないので、ここでやられたらまた最初からであり億劫だ。

と言うわけで個人的にお勧めなのは…

WS034181.jpg

レーザー銃を持ったマークスの兵を倒し乗り移ることだ。
こいつは後ろを向いた時に背後から斬りつければ2撃で死亡し、乗り移ることができる。
弾薬は20発しかないが、ボスを倒すだけならこれで充分である。

さて、ここで問題がある。
この世界で最も重要な要素は正義であるというヒントがあったはずだ。
このゲームでは無益な殺生はいけないのだ。
なのだが、実は2人までは殺しても良い。正義とは実に都合の良いものなのだ。

殺すべきは、1人目が上の銃を持ったマークスで、2人目がボスだ。
これ以上殺してしまうとベストエンドに辿り着けなくなる。
ただこの銃を持ったマークスを殺すと、他のパラメーターが結構シビアになる。
具体的には部屋に入ったり出たりと言った無意味な行動を繰り返す、などだ。
愚者は経験に学ぶ。賢人になりたければ余計なことはしてはいけないのだ。

ではこうしたパラメーターの判定がいつ行われるかだが、それはこのボスを倒した先にある扉をくぐる時に行われる。
ここではキーワードの入力を求められる。

この遺跡には暗闇の部屋があり、倉庫でランプと言うアイテムを持っているとそこを照らすことができる。
そこに書いてある文字「HELL」。これを入力しよう。
ちなみにランプではベストエンドフラグは立たない。必要なアイテムは飽くまで薬である事を忘れないように。

また文字入力も結構シビアで、8bit版はカーソル連打出来ないので文字が打ちやすいが、98版はズレやすい。
ここで入力を間違えてしまうとそれだけでベストエンドフラグが成り立たなくなったりする。
このシビアなゲーム性が実に良い。
ただし青春時代にこのゲームに衝撃を受けたプレイヤーでなければ、中々にゴミ箱へダンクな仕様ではある。

WS034145.jpg

キーワードが通ると「HELLへようこそ」と言われ扉が開く。

道なりに進むと美しいテラスに出て、黄金の戦士が挑んで来る。
俺は血に飢えた悪魔から生まれた…」と、おっかないことをレリクス語で話しながら。

手持ちの86年ポプコムでは、このキャラの名前はデーモンと記されてる。
こんな健康そうな見た目をして悪魔らしい。
古代レリクス語を話しているという事は彼はHELLの一人なのだろうか。
当時の雑誌ではこの戦士の正体を、闘技場の戦士とかそんなこといちいち気にするなとかいろいろ書かれていた。
リメイク作であるリカーオブオリジンをやっていればこれに該当するキャラが居るのだろうか。
あのゲームは途中でやめてしまったのが今でも悔やまれる。

とりあえず血気盛んな奴だが、殺生するのも気まずいので適当に痛めつけて素通りしよう。
まともに戦った場合パンチがかなり威力があるので、遠距離攻撃のできないボスや銃マークス以外だと厳しい。
また遠距離持ちであっても間合いに入られると高速で腕の長いストレート打ってくる。
悪魔と言う割には随分ストイックな戦いをするやつだ。

WS034147.jpg

黄金の悪魔?をやり過ごし先に進むと、どこからともなく声がしてくる。
これは現実か?お前の持っている獣の彫像に乗り移ってやろう。力を貸してやる
という声と共に、額に描かれた幽霊が獣の彫像に乗り移ってくる。
この状態で獣の彫像を使うと、一度だけ力を貸して画面全体を攻撃してくれる。
要所で使うべし。
ちなみにこの辺のセリフは8bit版と98版で微妙に違うので、レリクスマニアはその違いを堪能するように。

幽霊との邂逅のあと、あたりは何事も無かったかのように静まる。
目の前には機械的な扉がそびえたっていた。その向こうにあるのは…

レリクス 3日目 「天の王」

WS034116.jpg

倒れている男に薬を渡す…つまり善行をすると、この遺跡の頂上に居る謎の物体「HEVEN」の長と話せるようになる。
この世界にはどうやらHELLとHEAVENの二つの勢力があるようで、共に敵対しているらしい。

手持ちの86年刊行のポプコムによると、この変な人…物?の名称はキング。
レリクスはその後99年に発売されるリカーオブオリジン等で設定が明らかになるのだが、この時点での設定は未だ不明。
どうも機械的な種族らしい。この遺跡がところどころメカメカしいのもそのせいだろうか。

彼?は語る。
私は「HEAVEN」、戦士たちのリーダー。私がこの寺院を作り上げた。しかし遥かな昔、「ヘル」帝国に侵略された。
そして今、彼らのたくらみが動き出した!
(レリクス語)カプセルに眠る勇者を目覚めさせよ!

善行をすれば話しかけられるということでHEAVENは善人的カテゴリなのだろう。
もっとも善だから良いというわけでもなく、それは利己的な教条主義の裏返しでしかない。
宇宙の開闢まで持ち出しているこのゲームにとって、善悪はただの色合いの違いに過ぎないであろう。
…なんて小難しい事を頼まれもしないのに勝手に妄想してしまうところがレトロゲームの醍醐味だ。

WS034124.jpg

レリクス語は勿論さっぱりわからないのだが、会話後KINGは「チャートをやる」といってぶっきらぼうに落としていく。
流石善人である。
上の文字列がそれで、妙な記号がそれぞれアルファベットを表している。

ちなみにこのゲームのパッケージにはエイリアンのレリーフの他に、それを色付けした絵も入っている。
そこにもレリクス語が書いてあり、解読するとレリクスワールドを楽しんでねみたいなことが書かれている。
ちびっこがレリクス語を学びつつ英語も学べる、実に画期的なゲームであったと言えよう。
勿論英語はともかくレリクス語がその後の人生で役立った試しはない。

WS034129.jpg


遺跡の西上層には女体像と機械が組み合わさった変なオブジェがあり、これを攻撃するとドキュメントが得られる。
書かれているのはレリクス語だが、あんちょこがあるのでばっちりだ。
それぞれ書き出してみる。
カプセルに眠った勇者を目覚めさせよ
HEAVENは少女を鍵のかかったカプセルに封印した
注意せよ、地下には沢山の獣がうごめいている
鍵はその中の獣のうちのいずれかに食われた

何の目的もわからないまま始まったレリクスだが、ここにきて目的が少しずつ見えてくる。
勇者を目覚めさせ、少女を助け出すという事であろう。
その勇者や少女が何を意味するかは、依然としてわからない。

WS034130.jpg

他にヒントも回収。
ゴーストは獣の彫像によって力を得る
一番最初に手に入れた鳥のような彫像がキーアイテムとなるようだ。

このゲームは慣れなととにかくよく死ぬので、何度も同じことを繰り返すことになる。
ドキュメント回収もその一つだ。
一度知った情報ならやらなくて良いではないかと思われるが、そうでもない。
こうした回収も好奇心や行動力といったパラメーターの増減に関わり、それが少なすぎるとベストエンドに辿り着けないのだ。

ノーヒントでそんなことわかるか!なのだが、ドルアーガの塔みたいなのが大手を振って歩いていた時代。
むしろこれぞレトロゲームと拍手喝采を送るべきであろう。
この時代の空気を吸っていなかった向きは…がんばってくださいとしか…

レリクス 2日目 「制御室」

WS034102.jpg

遺跡(レリクス)を探索する、剣を持ったマークス(兵)に乗り移った意識(主人公)。
わけのわからぬまま周囲を歩いていると、なんだか偉そうな奴に持ち場へ戻れと言われる。

此奴はバウンサー(用心棒)と言う奴だ。
要所要所に配置されており、一兵卒が近寄ると問答無用で殴ってくる。
これがなかなかに痛く、特に逃げようと方向転換してる最中、背中を殴られるとダメージ2倍。
この場合2回殴られただけでボディが死んでしまう。
ボディが死ぬと、意識も死んでしまう。つまりゲームオーバーだ。

なお一番最初に出てくるセムというウサギみたいなやつだけは、殺されると相手によっては何故か乗り移る。
多少このゲームに慣れてきたらセムで探索するのも面白かろう。

で、このバウンサーなのだが、一番良い対処法はジャンプしたら丁度相手に重なる間合いまで近寄ってジャンプであろう。
すると相手は攻撃を与えられる間合いに下がるか、ビビって相手もジャンプするかでスキが出来る。
そこを逃げでも良いし、攻撃しても良い。

ただ攻撃するだけでなく、相手をあまりに殺してしまうとベストエンドに辿り着けなくなる。
これはそこかしこに置かれているドキュメント(ヒント)にその理由が書いてある。
この世界で最も大切なのは「正義」である」と。
正義は歴史によって異なるものだが、共通しているのは無益な殺生をしない、困っている人を助ける、と言ったところだろうか。
これがこのゲームの重要なファクターになっている。

WS034106.jpg

バウンサーを避けて彼が守っていた部屋に入る。
するとそこは制御室だった。

この遺跡では自分と同様の仲間がウロウロしているが、何故か「意識」が憑依した自分にだけ、警備システムが働いている。
道中ウロウロしている金色のガードやレーザーを飛ばしてくる仮面などがそれだ。
ガードは8キーを押して直立すれば何故か素通りする変な奴なのだが、ともかく厄介だ。
この制御室はそうした連中の動きを封じることができるので、とっとと壊してしまおう。

現在やっている98版の場合、しゃがんで近寄って剣で良いが、88やX1といった8ビット版は背中から突っ込んだ方が良い。
どうも98版と8ビット版で細かい難易度調整が行われているようだ。

ちなみにこの制御室に何度も出入りすると、行動力や好奇心と言ったマスクデータが余計に溜まる。
このゲームは様々なマスクデータがあり、それに収まる範疇で行動しないとベストエンドに辿り着けなくなる。
賢者は歴史に愚者は経験に学ぶというやつで、余計なことはするなという事だろうか。
これがまたこのゲームのややこしさを醸し出している。

WS034113.jpg

制御室を抜けてさらに歩いていると、病気で倒れている男がいる。
誰も助けようとしない所に、ここの職場の世知辛さが垣間見える。

倒れている男の先に進むと部屋があり、そこにはいろいろなアイテムが置いてある。
但し取れるのは常に一つで、それはここまでの行動によって変化する。
もしも薬以外のアイテムが取れるようだったら、ここまでの行動で何かが間違えているということだ。

WS034115.jpg

先の倒れている男に薬を渡す。(2キーでしゃがんで使用する)
すると男は「ありがとう、HELL信仰は間違っていたよ…」と言って事切れる。
HELLとは何なのか、この時点ではさっぱりわからない。

まだまだ何が何だかさっぱりの世界だ。
このよくわからない世界を楽しめるかどうかで、このゲームの評価は真っ二つに割れるであろう。

レリクス 1日目 「憑依」

WS034061.jpg

レリクスを始めます。

オタクがオタクになるのは、そうならざるを得ない甚大なパラダイムシフトに遭遇するからだと思っている。
自分がいい年こいてこんなゲーム日記なんて付けているのは、そこまでオタクになってしまうゲームに出会ったからだ。
それが自分の場合レリクスだった。

雑誌広告で初めて見た時の衝撃は言葉では言い表せない。
これまでのゲームではありえなかったリアルなキャラ、よくわからない世界観。
しかもそれがぐりぐり動くらしいではないか。
更に音楽はクリスタルキング。
芸能界に1ミクロンも興味なかった自分ですらわずかながらでも知っていたくらい有名なバンドだ。
なお後年知ったのだが、オープニング「WOMAN」の作曲は今給黎博美(北斗の拳エンディング作曲)。
エンディング「Smile Again」の作曲は飛鳥涼(CHAGE and ASKAのASKA)という、豪華すぎる顔ぶれ。
トドメにゲームパッケージはエイリアンのレリーフが施された発泡スチロール。
とにかく何というか気合と言うかオーラが尋常じゃなかった。

当時家には父親が酔っ払って買ったシャープのX1(テープ版)しかなく、レリクスがX1版のテープで発売するかは未定だった。
なのに当時小学生の自分はちびっこながら1週間に一度発売元のボーステックに、いつ出るか問い合わせしたものである。
あの時の受付のお姉さんはまだ元気であろうか。
ここにおいて、私のしょうもないゲームオタク人生は決定付けられたのであった。

なお後年小遣いを貯めディスクトライブを買って念願のレリクスをやったのだが、8ビット版は色数が少なくスクロールも無い。
それはそれで楽しんだのだが、やはり初めて衝撃を受けたPC98版でやってみなければ!という事で今回の運びとなった。
前置き長すぎ。

以下ストーリー。
対立する二つの意識。その衝突は光と闇を初め、様々な物質生んだ。
ひょっとして宇宙をも、その意識の衝突で生れたのかもしれない。

ストーリーはこれだけだ。これだけでもこのゲームのわけのわからなさが伝わるであろう。

そしてここは地球。遥かな未来か遠い過去かもわからない。その大海原に雷鳴一閃。
すると水没していた巨大な城が姿を現した…

WS034086.jpg

ゲームが始まると黒いもやもやがある。
これは意識であり、「あなた」であるという。目的もすべて自分で探せとしかマニュアルに書いていない。
そのマニュアルもペラ紙1枚であり、操作方法しか書いていない。
ちなみに操作も独特だ。
46キーで左右移動。ただし向いている方向によって前進・後退になる。
2キーでしゃがむ。アイテムがある場合拾う。
前進しながら8キーでダッシュ。28ではしごや階段の上り下り。
8キーでその場に立ち、さらに46でそちらの方向に向く。
その場立ちをした状態で2キーでその場にしゃがみ、さらに2キーでアイテム欄が開くので、選択してZキーで使用。
攻撃はXキー、ジャンプはZキー。
実にややこしい。が、この情報しかマニュアルには無い。

ゲームは小目標中目標大目標があって初めて成立するというのが、特に今日に至る日本製ゲームの常識だった。
目的も何もかも自分で探し出せというのは90年代洋ゲーに多かったが、80年代は洋ゲーでもないレリクスくらいだった気がする。

そんなわけなのでとにかく目的もわからないまま意識体をふらふらさせると…

WS034090.jpg

赤い兵士に出会う。マークスという歩兵らしい。彼に意識が近寄ると…なんと憑依し、操作できるようになったではないか。
以降基本的に相手を殺すと憑依することになる。
このシステムは当時としては、というか今でももう斬新過ぎて、こんなものを見せられた少年が平静を保つことは困難である。

WS034095.jpg

2階に行くと、鳥のような彫像がある。
しゃがむと拾えるので持って行くこととする。

ここまで来るともう後には戻れない。
自分で自分の目的を探し出し、この壮大な遺跡(レリクス)を脱出するしかないのだ。