ウィザードリィ外伝Ⅳ 26日目(最終回) 「儀式」

WS010878.jpg

パイプオルガンを奏でることで聖域の奥への道が開く。
そこに居たのは酒場から失踪した女性、ダリアだった。

だが彼女の声はしわがれた老人のようで、そしてなにやら妙なものを呼び出そうとしていたようだ。
どうもダリアはこの老人の声をした者に取り憑かれているようなのだ。
このダリアが本シナリオの事実上のラスボス。
全力を持って挑むが…

WS010880.jpg

2回攻撃しただけで死んでしまう。
胎魔の魔王でレベル上げしすぎたせいもあるが、それにしても弱い。
なぜこんなに弱いのか。
それは彼女に取り憑いていたのが、胎魔の魔王に泥ひっかけられて即死したあの悪のモヤシ黒幕賢者だったからであろう。
このモヤシ黒幕賢者がなぜダリアに目を付けたのか謎だが、この辺は各自妄想するがよい。

死んでしまったダリアからペンダントが零れ落ちる。
それを持ってギルガメッシュの酒場に戻ると…

WS010899.jpg

酒場に居た、ダリアの死を告げられた青年が半狂乱になる。
その最中、彼にしか聞こえない声が語りかける。
3種の神器をもってすれば、大切な恋人であるダリアの命が助かると…
かくしてこの青年は何かに憑かれたように飛び出していく。
その青年の名は、アガンと言った…

外伝Ⅲをクリアしたことのあるプレイヤーならわかるであろう、恋人の復活と引き換えに魔の軍勢を呼び出しリルガミンを滅ぼした、あのアガン・ウコーツ。それが彼なのだ。

WS010911.jpg

死んでしまったダリアが何故か持っていた三種の神器。
胎魔の魔王を倒した時のエンディングで、女性が死んだ緋蓮城の賢者から何かを奪っていたカットがあったが、彼女は緋蓮城の賢者から三種の神器を奪ったのだ。
黒幕賢者に操られるままに。

かつて緋蓮城を襲った魔王、それは一人の勇者により滅ぼされたが、その勇者の血を引く緋蓮城の王を素材に新たな魔王を作ろうとした黒幕賢者。
彼の野望は潰えたかに見えたが、死してなお彼はダリアに取り憑き三種の神器の力をもってリルガミンの聖域で強力な魔王を召喚しようとした。
しかしその計画もまた失敗したのだが、黒幕はまだ諦めない。
最後の力を振り絞ってアガンをそそのかす。

WS010916.jpg

アガンは三種の神器を身に着け、結婚するはずだった恋人ダリアに花嫁衣裳を着せる。
そして三種の神器の一つである死者の書に書かれている呪文を懸命に唱える。死んでしまったダリアの魂を呼び覚ますために。
だがその呪文は、ディでもカドルトでもなく、魔王召喚呪文だったのだ。
より具体的には唱えたものとその対象を魔物化させると呪文というべきか。
かくてダリアは灰化するでも消滅するでもない、バンシ―のような死霊として半端に蘇る。
一方アガン自身は魔王そのものとなり、世界の半分を滅ぼす。
それは地上を魔界とするための、魔族が巧妙に計画した地ならしの結果であった。
そして物語は外伝Ⅲへ…

ウィザードリィ外伝Ⅳ -完-


■感想

外伝Ⅳは外伝Ⅲの前日譚だったんだよ!という衝撃の終わり方をした本作。
ただその構成はネットを見る限りは、あまり好意的に受け止められていない。
俺たちの思い出の舞台リルガミンを好き勝手にしやがって、とか色々。

でも考えてみれば、外伝Ⅰのソークス姉さんがリルガミンを拠点として世界を滅ぼそうとした理由と同じなのじゃなかろうか。
つまりソークスもアガンと同じく、魔族の魔界復活計画に乗せられた一人なのではないのか?
本編ウィザードリィ5についても、秩序側に居たソーンという魔女が突如裏切り世界を滅ぼそうとしていた。
それらの全ては魔界を地上に発現させようとする魔族の計略だったのだ…という、それぞれの作品では提示されなかった答えを、外伝Ⅳは提示したのかもしれない。

そもそもリルガミン自体、色々とおかしい。
外伝ではなく本編のウィザードリィⅣによれば、カドルト神が機械仕掛けだったりしており、神や悪魔以上の何かの存在を感じさせる。
世界の理と明らかに外れているリルガミンを滅ぼそうとするのは魔族ではなく、もっと別の意思があるのかもしれない…
と、妄想は広がっていく。
この自由な妄想こそがWIZの楽しみのひとつであり、そういう意味では本作は成功しているのではなかろうか。

作りは確かに荒い。
イベントフラグがぐちゃぐちゃでしかも勝手に飛ばせるようになっており、そのフォローも完全ではない。
ヒーリングバグや僧呪文バグなどが無くなったせいで、それまでの外伝シリーズにあったようなピーキーな楽しみも薄く、ひたすらボタン連打して物理で殴る側面がかつてなく多い。

これまでのWIZ外伝で培われた世界観に合っていないイベントやくだらないジョークが鼻に付く…という意見もあるにはある。
だが元ネタのアップル版ウィザードリィ自体、元々は世界観がカオスなイベントやくだらないジョークだらけのゲームではなかったか。

練りこみ不足なところは非常に多く、事実やっている最中は首をひねる個所も少なくはなかった。
しかしながらいざクリアして改めてこのゲームを振り返ってみると、製作者なりのWIZらしさを追い求めた足跡が感じられ、それは案外悪いものではなかったように思う。

ウィザードリィ外伝Ⅳ 25日目 「リルガミンへ」

WS010790.jpg

古の洞窟地下1階の抜け道を進むと…そこはリルガミンだった。
本家ウィザードリィ1~5、そして外伝Ⅰ・Ⅲの舞台だ。
もっとも外伝Ⅲは滅びた後なのだが…

ちなみにリルガミンというのは城塞都市で、ニルダの杖やら龍の宝珠によって世の中の災いから強力に守られている。
ところが城塞都市内で起こる災いには全く意味をなさないという、このゲームに限らずWIZ全体に流れているちょっと抜けてる感の象徴のような都市だ。

このリルガミンと、これまで冒険してきた緋蓮城を中心とした東方の国家は異次元というわけでもなく、同じ時間が流れており、ただ東西に果てしなく別れているであろう遠い地が何故かつながってしまったのだ。

で、このリルガミンなのだが…最近とある事件があったようだ。
それは酒場に居たダリアという女性が、突然外に飛び出し失踪してしまったという。
さらにその後、リルガミンの住人が一部を除いて怪物のような姿になってしまったのだ。

胎魔の魔王を倒し、王を救い出したエンディングの最後で、少女が賢者から何かを取ろうとしているカットがあった。
話の流れ的におそらくこの少女がダリアなのだろう。
その理由はこれから明らかにされる…はずだ。

とりあえずダリアという少女は、リルガミンの辺境にある聖域の塔に向かったという。
普段は滅多にしか行わない儀式にしか使用しない塔なのですっかりさびれており、聖域と言いつつも中には怪物がうようよしているという。
どうも気になるのでパーティーはダリアを捜索しに、聖域へ向かう。

聖域の敵なのだが、古の洞窟5~7階の敵とほとんど(まったく?)一緒なのでさして苦労しない。
そのままずかずかと進むと…

WS010826.jpg

ピンク色のワンピースを着た少女が現れる。
おそらく彼女がダリアなのだろうが、ただこれは本人ではなく、実体はない。
残留思念なのか霊的なものなのかもよくわからない。
気になるが先に進むこととする。

聖域はただっ広いが敵が弱いので探索はサクサク進む。
2階の毒ガストラップが少し面倒なくらいで、さして問題は無い。
ただ鍵付きのドアが結構多く、高レベル(レベル50代)忍者でもこじ開けられなかったりするので、アルケミ呪文のカルノバが欲しい。
また東方の国の塔にあった鉄格子もいくつかある。
これも無理やりこじ開ければ開かないこともないのかもしれないが、経験上そうするとイベントが幾つか吹っ飛び切ないことになるので、ここは慎重に進めたいところだ。

そうこうしていくつかイベントをこなして2階へと進む。するとまたしてもダリアの幻影が現れる。
どうも彼女は何かの危機に瀕しているようだが、彼女が何を言っているかわからないし、こちらからは何も干渉できない。
何か良くないことが起こっているのは確かなようだが…

WS010868.jpg

途中、聖域1階の北西の部屋から楽譜を手に入れる。
これをもとに3階のパイプオルガンを奏でる。
バードでないと奏でられないようなので注意である。

パイプオルガンを無事弾き終ると、これまで開かなかった扉が開くようになる。
そこには…

ウィザードリィ外伝Ⅳ 24日目 「胎魔の魔王」

WS010735.jpg

ルービックキューブパズルを解き地下7階キューブ中央の魔神像を調べると、更に下に行くことが出来る。
そこは胎魔界と呼ばれる臓物の中のような不気味なところだ。

ここの敵は古の洞窟最下層の敵よりもさらに強いのだが、集団では登場せずお供もあまりいないので全体的にはそれほどでもない。
ワープも多いがデュマピックとマロールで少しずつ進めば問題ないだろう。

その最奥部には…不気味な芋虫のような物体が居た。
そしてこの物体の前に突如現れる、坊主頭の僧侶のような恰好をした賢者。
唐突に表れたこの賢者がどうやら黒幕らしい。
三種の神器を集めさせその力をもって地方平定、その後の宴会の隙を突きこの地の王子を拉致、その血をもってこの洞窟の扉を開いた。
すべてがこの黒幕の策謀だったのかもしれない。
その彼の真の目的は、かつてこの地に降り立った魔王を倒した勇者、その血を引く王子を拉致し依代にし、新たな魔王を誕生させることだった。
この芋虫のような物体こそが、その新しき魔王・胎魔の魔王なのだっ!
…と調子よくしゃべっているうちにこの変な魔王の吐いた泥で消滅してしまう。
この変な賢者の伏線はそれまでさっぱりなかったのでポカーンである。まぁここも脳内補完であろう。

で、この胎魔の魔王、ラスボス的位置にあるのだが…異常に弱い
先ほど変な賢者を一撃でコロした泥も、実際受けてみれば20程度のダメージであり、しかも麻痺を受ける程度だ。
黒幕モヤシ過ぎである。
他には魔法をたまに弾くバリアと、中級程度の雲呪文しか使ってこない。
前代未聞の弱さである。しかもこんなに弱いのに経験値は一人当たり10万以上手に入る。

この変な魔王をボタン連打のみでサクッと倒す。
すると…

WS010752.jpg

依代となった若き王がそこにいた。
胎魔の魔王が異常に弱かったのは、この若き王が勇者の血を引いている…と思いきや、ただの普通の人間だったせいだと先ほどの変な賢者は言っていた。
なんだかずいぶんずさんな計画だなと思うが、そこら辺のメイジの体力くらいしかない黒幕のすることなどその程度である。
で、この魔王を倒すと印籠を落とす。これを城に持って行けばクリア…になるのだが、捨ててしまえばまた魔王と対戦できる。
つまり異常なスピードでレベル上げが出来てしまうのだ。

WIZはあまりレベルを上げ過ぎるとつまらなくなってしまうのだが、一応コイツはラスボスだし、この後に控えているであろうドラゴンの洞窟ではレベルはあればあるほど良い。
そこでパーティーを全員前作クリア組にし、二人ほど全呪文が使えるくらいまで育てていく。
残りは一気にクラスチェンジするのでなく、一人ずつ転職していく予定。
全員が転職し低レベルに戻ってしまうと、とてもドラゴンの洞窟ではやっていけないからだ。

WS010764.jpg

ある程度レベル上げが終わったので、印籠を城で待つ二人の賢者に渡す。
これは先ほどの黒幕賢者とは別である。以前不動の塔に居たシュゲン・ラマも同じような格好をしており実にややこしい。
そうして二人の賢者は王子を卵のような物体から元に戻し…

WS010765.jpg

エンディング。
天下は統一され、若き王も無事生還。
良くわからない黒幕の魔王新造計画もよくわからないまま終わり、めでたしめでたし…

WS010777.jpg

…と思いきや、賢者死亡
なぜ!?
そしてその傍らに座る怪しげな少女、そしてエンド。

まったくもって謎である。
そもそもこの賢者は城に居た二人の賢者の一人なのか、あるいは死んだはずの黒幕賢者なのか、それもよくわからない。
このままタイトル画面に戻るのだが、再びゲームをスタートすると、これまで古の洞窟地下1階で行けなかった場所に入れるようになっている。
そこに行くと…

ウィザードリィ外伝Ⅳ 23日目 「パズル完成」

WS010706.jpg

古の洞窟地下7階の敵がかなり強く、これまでの敵がせいぜいメリトやマハリトを撃ってくる程度の敵だったのに、いきなりヴァンパイアロードやストーンゴーレムクラスまで出てくる。

ヴァンパイアロードは流石に弱体化されているが、他の雑魚っぽい敵がティルトウェイトやバカディなどをぼこぼこ唱えてくる。
これはたまらんということでレベル上げなのだが、せっかくなら楽しみながらレベル上げしようということで、練武場を掘り進めることとする。

練武場はパーティーが倒した敵の死体を引き取って甦らせているという設定で、階ごとにどの敵を倒すか決まっており、それを倒せば次の階層に進めるようになっている。
次の階層に行くまでどのくらいの数の敵を倒すかは、死霊の塔3階にいるそうじろうが教えてくれる。
ただどの敵を倒すかまでは教えてくれないのが難儀であるが…

過去に行った先をぐるぐる回るうちに練武場が掘り進められ、と同時に前衛連中が1レベルアップしたので改めて古の洞窟地下7階に挑むこととする。
途中…

WS010718.jpg

腐った巨大な悪魔の死体が見つかる。
過去にこの地を襲い、そして三種の神器を携えた勇者に滅ぼされた魔王ではないか、とパーティーは見当を付ける。
見当だけであり裏付けも何もない。
この辺好きに脳内補完しなさいということであろう。

ここ地下7階は確かに敵は強いのだが、それ以上に良い装備が拾える。
ブレス耐性のある防具だったりクリティカルヒット付きの刀だったり。
なので敵のインフレが激しいと言いつつも、パーティーのインフレも激しいので実際の難易度はそれほどでもない。
外伝Ⅲは物語終盤までずっとファイアソードだったのでエライ違いである。

WS010724.jpg

装備集めやレベル上げをしつつ、キューブパズルを動かして地下7階に魔神像を集める。
パズルを動かすたびに7階にある魔人像の数がアナウンスされるので、多分7階に魔神像をすべて集めろということであろう。

このパズル、最初はかなり面食らうが、1面のみしか色の無い、あとは全て真っ白な二色のルービックキューブと思えばそう難しくない。
縦または横に3ライン揃えたらそのラインを崩さないようにXまたはBボタンで2回垂直回転させ、他の箇所と干渉しないようにする。
その状態で他の階層の像をYまたはAボタンで平面回転し縦または横のラインを作り、最後にそれを合致させればいい…
と、文章で書けば書くほど訳が分からなくなる。
これは実際に試してみたほうが感覚がつかめるであろう。

こうして九つの魔神像が全て7階に揃う。
すると…

ウィザードリィ外伝Ⅳ 22日目 「インフレ」

WS010701.jpg

古の洞窟のルービックキューブパズルを解いているのだが、最下層でいきなりインフレがひどくなる。
これまで経験値300前後の亜人パーティー系のものばかりだったのが、サッキュバス等聞いたことある連中が増えて来たなぁと思いきや、いきなりサイデルやスクライル。
彼らは外伝Ⅲの難関ダンジョンである山脈の最上階近辺に出てくるほどの強者なのだ。
ただサイデルと言えばティルトウェイトなのだが、全体的に敵が弱い外伝Ⅳではサイデルの強さも抑えられており、せいぜいツザリクをぶっぱするくらい。

スクライルも従来のものと比べれば随分弱体化されているが、それでも何しろ数が出てくる上にブレスをプープー吐いてくるので痛い。
ここにきてやっと敵が強くなってきた。敵の呪文やブレスを無効化するコルツの呪文を唱えなくてはいけないほどに。
ちなみに外伝1や2では3マップ目あたりからもうコルツの出番がある。
このゲームののんびりっぷりが分かろうってものである。

WS010702.jpg

このゲームできついのはどちらかというと宝箱で、最初のフロアでもコブラの呪いが出るくらい中々に厳しい。
このフロアでも上のように何かの罠で全員石化してしまった。
更にたまてばこという新たな罠も実装されており、これに嵌るとあけた人間が10歳年を取ってしまう。
なので19歳だったぴちぴち忍者がもう30代間近である。
年を取ると能力値の伸びが無くなってくるので切ない。

ここに来てちょっとレベル上げの必要性を感じてきている。
ただいつもならマーフィー君を延々としばくのだが、外伝Ⅳでは練武場というのがあり、ある一定の種類の魔物を狩れば次の階層に進めるようになっている。
そこで練武場の掘り下げも兼ねて少しレベル上げをしてみようと思う。