ラディア戦記 17日目 「革命」

WS009306.jpg

サマラ教国の月の神殿に、シヴァが世界各地の巡礼…と言う名のガディスからのパシリ任務を終えて戻っているらしいので、いざ潜入!

が、泉があって神殿の出口が見えない。
どうやらメダリオンというサマラ教信者御用達のアイテムが必要らしいのだが、持ってない。
まぁいいや、潜っちゃえ!
……

水に流され溺れて気絶した。.
どうしようもない主人公である。

が、テトという人物に助けられ目覚める。
彼はこの国の反乱分子であり、シヴァの圧政に立ち向かっている革命戦士らしい。
かわいらしい名前なのにエライ物騒なことを企んでいる兄ちゃんである。
そんな彼からメダリオンをもらい、再度月の神殿へ。

神殿に入ればシヴァにはすぐ会えるかなと思いきや・・・ここの神殿はダンジョンになっていた。
しかもこれまでの道なりに行けば何とかなったダンジョンとはうって変わって、ワープだらけになっている。
一つの部屋に上下左右共に道があり、殆どがワープであり正しい道を進めば先に進めるようになっている、ようだ。
これで1Fは運よく進められたが、2Fが本気で迷ってしまった。しかも敵がわさわさおりこれがまた強い。
これはアカンということでマッピングした。

mmmmaradhia.jpg

こんな感じだ。
矢印は階段、黄とか緑とかは床の色、アルファベットはその方向に進むと同じアルファベットの方向へとワープすることを意味する。
この日記は攻略サイトでも無いのでアレだが、ご参考までに。

こうして2Fを踏破し、階を上ると屋上に出た。
そして出て早々シヴァに味方がしばかれ、彼はラディアの塔を開く呪文はどこだ!?と改めて主人公に聞いてくる。
知らないと言っとろーが!と何度も言っていたのに、主人公、何故か突然思い出し、喋る
な、なんだこれ…シヴァの魔術なのか、それとも主人公には何か自身にも知らない秘密があるのだろうか。
そういえばこの主人公、中々謎の人物なのだ。
ゲーム開始時にスライムやツチノコだらけの平原で一人大の字に寝ていたくらいだし。

そして主人公にはもう用はないとして、シヴァは娘のサリアに主人公たちの殺害を命ずる。
サリアもびっくりである。酷いオヤジだ。
が、しかし…ここでかわいらしい名前の革命戦士テトが主人公たちを助けてくれる。

WS009314.jpg

大量の仲間を率いて。

シヴァ、大ピンチ!
でもなく。
シヴァはラディアの塔を使い自分の望みのままの世界を作ることが最終目的であり、その塔を開く呪文を聞いた今、シヴァというたかが一国などどうでも良いのだ。
彼は勝利宣言し、娘のサリアと共にフィッツカラルド号に乗っ、てラディアの塔へついに進撃。

この世界レムリアルは終わってしまうのか。
レムリアルのは自然崩壊をしつつある。
その崩壊を止めることがラディアの塔を使う目的だと、ガディスは言う。
しかし少なくともシヴァは、自分の好き勝手にこの世界を作り変えるとか言っているちゃきちゃきの悪党だ。
こんな奴に好き放題なことをさせていたら大層具合の悪い事になってしまう。

ぐぬぬと歯噛みしていると、かわいらしい革命戦士(男)テトが魔法でフィッツカラルド号まで飛ばしてくれるとのこと。
なんと、至れり尽くせりのお兄ちゃんである。

かくして主人公達はフィッツカラルド号に乗り込みシヴァを追う!
どうもシヴァは最終的にはサリアもろとも死んでしまいそうな気配がぷんぷんしているが…

ラディア戦記 16日目 「滅びゆく国」

WS009285.jpg

最後の宝「大地のコンパス」を手に入れるため、レマ砂漠を越える主人公たち。
砂漠の北に入り口を見つけ中に入ってみると…地に根ざした国サレジアを発見する。
ハーマンの故郷である。

が、既に怪物がうじゃうじゃ居る。
これはサマラ国やガディスの仕業というわけでなく、この世界レムリアル全体が崩壊しかかっている余波によるもののようだ。
怪物の襲撃をかいくぐり長老の元へ行くと、最後の宝が眠る神殿への鍵を長老がくれた。
滅び行く国、最後の希望をこの国の出身者であるハーマンに託す長老の決意、ハーマンを騎士団長と言って応援してくれる国民たち。
実に感動的なイベント満載のはずなのだが、特に何も無く、ハーマンは何も喋らずにいつも通り戦闘となれば敵に猪突しては気絶している。
容量の無いファミコンソフトの辛さである。

ともかくも長老から貰った鍵を元に神殿の扉を開くと、後を付けていたサマラの使者が襲い掛かってくる。
奴らは2人の兄弟のようで、しかも巨大な土蜘蛛を従えている。
ボス戦である。

このボスも中々強く、一撃一撃がかなり痛い。
猪突猛進のハーマンや虚弱なミデアはコロコロ倒れてしまい、そのたびに気付け薬で起こし肉をたらふく食わせHPを回復し敵に挑む。
そしてまた倒れ、起こし、肉をたらふく食わせHPを回復し…実際に想像すると実に異様なシーンである。

こうしてこちらの物量作戦が功を奏し、ボスをやっつけ宝を手にする。
ちなみにミデアはダルスの妹で、おそらく最後のヒロインだ。
顔はこう。

WS009283.jpg

何か丸い。タヌキ顔だ。
ぽっちゃりさんかも知れない。
肉の食いすぎだな!

これで最後の宝を得た主人公たち。
土のコンパスは北東の洞窟を差している。
おそらくその向こうに残り全ての宝が集まる地、即ちサマラがあるのだろう。

サマラへの道を行く前に、長老の下に立ち寄る。

WS009289.jpg

サレジアは誰にも、どこにも迷惑をかけたわけではないが、レムリアルの崩壊が引き起こしたと思われる怪物の襲撃により、滅びてしまった。
それはサマラにも付かず、かといって対抗もせず、レムリアルの崩壊にわれ関せず独立独歩を貫いてきたツケなのか。

夢の世界レムリアルの崩壊。
シヴァやガディスはそれを食い止めるために、レムリアルを作り変えようとしているという。
主人公達は、それはガディス達の野望を実現する為のただの大義名分と断じ、それに鉄槌を下しレフィス姫を救う為に戦う。

どちらが正しいのかわからないが、答えは間もなくわかるだろう。
いよいよ主人公達は、サマラ国…正式名称・サマラ教国への扉を開く。

ラディア戦記 15日目 「大迷子」

WS009252.jpg

アブロのマトックを奪って逃げたサマラの国の使者ベルガを追いかけると、そこに女の子が吹っ飛んでくる。
彼女がアブロを助けた人物らしく、その正体は…サマラ離脱者の仲間ダルスの妹、ミデアだった。

ダルスは妹が行方不明になったと言っていたが、真実は彼女は一人でサマラと指導者シヴァの事を追っていたのだ。
中々の女丈夫である。

彼女はその場で仲間となり、ベルガを追い詰める。
するとベルガは5体に分身し、襲い掛かってくる。
ボス戦だ!

で、こいつはかなり強い。
攻撃力も痛く、しかもどんなに攻撃しても倒れない。
何かおかしいなと思っていると、分身した中で一人だけ一撃を加えると分身が解ける奴がおり、その後再び分身するようになる。
なので本体が見つかるまで相手に攻撃せねばならず、その分被ダメも大きく苦労する。
何度も味方が気絶させられ、その都度回復を使い、やっとこさ倒す。
ヘタレだらけのこのゲームのボスの中で、やっとまともなボスであった。

こうして奴からマトックを取り返し、無事宝が収められている場所まで辿り着く。
が…そこに影が現れる。ガディスだ!

主人公に偽の宝を押し付けられて怒っている彼は主人公を容赦なくいたぶり、折角手に入れた宝を持ち去ってしまった。
その後何とか起き上がった主人公は気力を振り絞り、サレジアの地に眠る最後の宝をガディス達より先に手に入れるよう、その地へ赴くこととする。

場面変わってアーク城。

WS009261.jpg

囚われの身になっているレフィス姫は主人公の身を案じている。
そこへガディスと、シヴァが現れる。
シヴァはガディスの命令でサマラ国を操っていたのだ。
そしてガディスは重要なことをのたまう。
この世界の理を変えるラディアの塔を動かせるのは、レフィス姫、あなただけだということを。
80~90年代によくあった、か弱い一人の少女に世界の鍵を握らせる系というやつだ。
今もあるかも知れないけど。

そしてガディスは続ける。この世界レムリアルは崩壊しつつあると。
その滅びの運命を、ラディアの塔で世界を変えて運命を変えようというのが彼の目的だった。
そう考えるとガディスは良い奴に見えなくも無いが、まぁ凶悪な名前と顔してるしやっぱり悪い奴なんだろう。

ともかくそういうわけなので、少なくとも現時点で彼女の命の心配は無い。
けれど姫がこんな悪い奴らに囲まれて生活するのは、余り健康上よろしくない。
急げ、主人公!なのだが…主人公、大いに道に迷う
サレジアってどこだよ!

WS009270a.jpg

草原ってどこの草原だよ!

どうもこのゲーム、旅するには色々不親切なところが多い。
まぁ時代相応なのかもしれないが…
1時間くらいレムリアル世界をぐるぐる回り、やっとサレジアにつながるレマ砂漠を見つける。

ちなみに行き方は、エルファス城北の洞窟に入り、右に道なりに進む。
あるいはエルファス村を東に出て草原を進み、盗賊のアジトがある山を登りその頂上の洞窟に入り、出口まで進む。
すると平野に出るので道なりに進むと、ゼノビアの町を北に見つつ、ピューポーとかいう白菜がうじゃうじゃ居た草原を通る。
そこを更に西に進むとハーマンと出会った橋に出る。
橋を渡って西がフバートだがひたすら北に進めば北西に砂漠が見えるので、そこがレマ砂漠だ。

つ、疲れた…

ラディア戦記 14日目 「残りの宝」

WS009242.jpg

この世界をやばいことにしてしまう8つの宝の残りを敵より先に手にするために、主人公はベルナード鉱山へ向かう。
すっかり影の薄くなってしまったレフィス姫である。

鉱山はゴドー森の先にあって・・・と仲間のバルーが得意げに言うが、このゲーム固有名詞や地名が結構多く、そのくせどこにあるかの地図も無いためわかりにくい。
単に私のもの覚えが悪いだけとも言うが。

どうやらグアンディアの町の北にある森の先にあるようなので、船で再びグアンディアに戻る。
レオリナは再び仲間になるかと思いきや、もう一生港の受付嬢として生きると決めたのか、久しぶり!頑張ってる?とこちらに距離を置いたセリフを吐きテコでも動かない。
所詮冒険者とは定職につかないモラトリアム集団であり、非モテ属性なのだ。
夢の世界のはずなのにどうも爺くさい。

まぁそれは良いとして、ともかく見かけによらず土属性の魔法を使いこなす仲間の騎士団長ハーマンがベルナードへの道にあった落盤を元通りにし、先に進む。

ここから敵がいきなり強くなる。
これまでの敵は多くても5ミリくらいのダメージしか受けなかったのが、上の画像にいるカエルのようなどう見てもゆるゆるな相手からは5センチくらいのダメージを一気に受ける。
こりゃアカンじゃないかと思うのだが、道ゆく先々にヤケクソのように薬草やアイテムが落ちているので、それをがんがん使いまくって強引に先に進む。
なんともぶっきらぼうなゲームバランスである。

こうして鉱山の町ベルナードに着くが、到着早々、アブロなる荒くれ者がお宝を見つけたぞ!と騒いでいる。
いきなり悪い予感である。

そしてその男に会いに行くとよそ者は黙っていろとばかりケンもホロロに追い出され、奴は洞窟に居るサマラの人間に会いに行くと言う。
これはもう、典型的に悪役にそそのかされて勘違いのアカンやつなパターンだ。

案の定、奴を追うとサマラの人間にボコボコにされ、このマトック(つるはし)さえあればもうお前に用は無いとか言われている。
すがすがしいほどのアカンやつである。
ところが急いで彼の元に駆けつけてみると…

WS009246.jpg

なんだかこちらの仲間が彼を助けたらしい。
えっ?誰だ…?
何を言っているんだこの男は。

こちらは最初から4人で行動しており、別行動はしていないはずだ。
受付嬢のレオリナだろうか?神出鬼没の彼女ならやりかねないが…

アブロを助けた謎の人物も気になるが、今は宝が先だ。
この先に8つの宝の一つ、鉄の心臓が埋まっているらしいのだが、それを掘り出すことの出来るのはアブロの持つマトックだけであり、それはサマラの使者に奪われた。

奴は今まさに、この先で宝を掘り出そうとしている。
もはや一刻の猶予も無い。
急いで発掘を阻止せねば!

ラディア戦記 13日目 「レムリアル」

WS009205.jpg

氷漬けにされてしまったグアンディアの町とその住人を元に戻すには、グアンディアを治めるクレプス伯爵の居城の祭壇に炎の石を捧げる必要があると言う。

果たしてそちらに行って見ると…氷付けの元凶・シヴァの魔術師ソルが襲い掛かる。
こいつはこれまでのボスのように逃げ出す事はせず、トリッキーにウロウロしながら凍結弾を吐いてくる嫌らしい奴だ。
当り判定が中々微妙であり、こちらで囲い込んでもやたらすり抜ける。
これぞ強敵!やっとボスらしいボスに巡り会えたか…と思っていたらいつの間にか死亡。
虚弱である。
何かボスよりも城などでエンカウントする棍棒で殴りつけてくる裸一貫の雑魚的の方が強い気がするぞ…

ともかく、こうして無事炎の石を祭壇に捧げ、グアンディアを元に戻す。
かくして氷漬けにされていたグアンディアの港が使えるようになり、レフィス姫を迎え入れていたエルファス城への航路が開く。
ハーマンも戻ったし、航路も開けて世界中何処にでもいけるようになった。
ここらで情報を整理するためにエルファス城へ戻るか!久々の5人パーティーでな!と思いきや、レオリナ、港の受付嬢になって離脱する。

彼女とは大して長い付き合いでもないが、なんかこう、わたしもっと外の世界を見たいけど凍土で疲弊した国土を立て直したいの…!
とか情熱的なことを言って欲しいのだが、特に感傷的なイベントも無く、カウンターの向こ座ってでさぁ船に乗って乗ってでオサラバである。
世界を救うパーティーという不安定な職業よりも、地に足が着いたな受付嬢の人生を選ぶ、ある意味女らしいキャラではあるが…
最後までキャラがつかめないままレオリナと別れ、エルファス城へ戻る。

そこで村長のロロに会い、これまでの整理をする。
一体アークの国のガディスとサマラの国のシヴァ、やつらの目的は何なのか?
ロロ曰く、奴らは「ラディアの塔」と言うところに行きこの世界を自分の望むままに作り変えたいらしい。
ラディアの塔とは…

WS009221.jpg

アークの国に伝わる聖域であり、そこは夢の持つエネルギーを取り込み、この世界レムリアルを形作っているそうだ。
!?
つまりこの世界は人の持つ夢で形作られた世界らしい。
随分重要なことを世間話のように話すが、つまりこの世界は主人公が見ている夢だったんだよ!というオチになるのかもしれない。
ガディスたちがやたら主人公にラディアの塔を開くキーワードを聞きたがるのは、つまりそいうことなのかもしれない。
肝心の主人公はそのキーワードを全く思い出せないのだが。

そしてラディアの塔に入るにはそのキーワードに加え、8つの宝が必要らしい。
今主人公たちが持っている炎の石もその一つだ。ガディス達は既に五つ手に入れており、あと二つが手付かずとのこと。
つまり残る二つを奴らより先に手に入れれば、この世界を作り変えるなんて事はとりあえず防げるはずだ。
二つの内一つはサレジアと言う国にあるらしい。
ここはハーマンの出身地なのだが「サレジアにある宝は絶対大丈夫です!」と自信満々である。
なぜこんなに自信に満ち溢れているのか、謎である。
まぁサンシャインビル60くらいの高さもありそうな水の塔からおっこちても死ななかった男だし、こいつが大丈夫と言うなら大丈夫なのだろう。

残る一つはベルナードという地にあるらしいので、それを奴らより先に手に入れることとする。
急げ主人公たち!夢の世界レムリアルを守るために!
あれ、姫は・・・?