信長の野望 戦国群雄伝 7日目 「対決・上杉謙信」

WS008872.jpg

恫喝外交を繰り返してきた信長だが、上杉謙信はどんな恫喝にも屈しない勇将であるため、信長が直々に攻め入る。
無論強そうな奴を寝返らせてから。


謙信護衛の武将を削ってから…

WS008873.jpg

このような形に布陣し、夜が来たら夜襲で一気に削る。
これで上杉謙信の兵は一晩にして1万人(100)から3000人(30)になった。
全滅せずに持ちこたえたとはさすが謙信である。
しかし第六天魔王信長の敵ではないのだ。がははは。
鬼畜過ぎるプレイだ…

上杉家を滅ぼした後、1国しか所領していない足利家も傘下に入れる。
将軍様であろうとも魔王には逆らえないのだ!
まぁ史実でもそんなところがあったが。

こうして残る大名は尼子義久・北条氏政・三好義興・毛利輝元・長宗我部元親のみ。
長宗我部は直接対決が必要だった気がするが、他は全て脅迫で傘下に出来る。
ただ彼らはまだ国をいくらか持っており、削る必要がある。
しかし無論戦争などという余計な手間はかけず…

WS008882.jpg

ひたすら敵武将を寝返らせて空白地にしてはその武将を移動させ自国領とする。
やってることはもう卑怯極まりないというか、戦争ゲームとは違う別の何かである。
しかし民の血は(あまり)流れていないので、後世の歴史家はきっと信長を評価してくれる…はず…多分…

信長の野望 戦国群雄伝 6日目 「恫喝外交」

WS008863.jpg

尾張に引きこもる信長は諸外国の武将を次々と引き込み戦力をスポイルしつつ、弱体化した大名を次々と脅迫していく。

まずは姉小路氏を脅迫。
するとビビッて姫を送りつけてくる。余り嬉しくない容貌だが…
ちなみに完全に傘下に入らずに姫や貢物を送ってくるときはまだこちらの畏怖が足りない証拠。
更に姉小路家中で大量の兵を持っていた武将を寝返らせ、改めて脅迫し傘下に入れる。

WS008865.jpg

続いて一色氏。こちらも一色家中で大量に兵を持っていた武将も寝返らせ戦力を下げたところで脅迫、傘下に入れる。

WS008868.jpg

神保氏はまだ意地を張って傘下に入らないので、とりあえず姫を貰っておく。
がははは。笑いが止まらない織田家である。

WS008866.jpg

秀吉もノリノリである
こうして山名氏も脅迫し傘下に入れる。

この登用連打戦術は本当に極悪であり、相手の城主すら登用することが出来る。
なので大名が支配していない国は…

WS008869.jpg

空白地に出来る。

金1で忠誠度100の敵武将を次々と寝返らせる信長。
妄想してみると、悪の大魔王が敵武将の家族を人質に取るなどの卑怯な手で次々と寝返らせてる感じだろうか。
ひどい。

信長の野望 戦国群雄伝 5日目 「信長、引きこもる」

WS008859.jpg

順調に領土を伸ばしたところで朝倉氏でも攻めるかと思っていたが…
この先延々と続く力押しばかりの日々が目に見えてくるのでちょっとつまらない。
そこでいつもと趣向を変えて、信長自身は内地に引きこもり、委任している部隊に出来るだけ戦争を任せる悪の黒幕プレイをしてみる。

まず信長は譜代家臣と共に尾張に引きこもる。
そして教育しつつ、諸外国から武将を兵ごと登用する。

このゲーム、相手大名の武将を登用する場合、大抵期待は出来ませんぞと軍師に言われる。
しかしたまに「必ずや殿のもとへ馳せ参じましょう」と言われるので、この時に登用すれば殆どの場合登用できる。
忠誠度100であっても、血縁家臣であっても、金1で登用できるのだ。
何かバグなような気もするが、隠しパラメーターの相性か何かで絶対出来ない場合もあるので仕様として考えよう、うん。

そんなわけで北条氏から血縁武将の北条綱成初め、超使える武将や兵を沢山持っている武将を片っ端から登用しては外地に送る。
これで外地はどんどん兵力が増え、外地に送られた武将はCPUが勝手に忠誠度を上げて編成もしてくれて、周辺国に攻め込み…

WS008862.jpg

滅ぼす。
さらば朝倉義景。

何かものすごく極悪なプレイをしてる気もするが、敵対国のエライ人を寝返らせて最後に国を頂くというのは古代から伝わる戦争の手段である。
戦争の上策は自ら手を下さず相手を下すという兵法書があった気がしないでもないし、これぞ戦場の倣いである。多分。

この方法で自国を超え太らせて弱小大名を次々に脅迫し傘下に入れ、脅迫に屈しない上杉謙信などは直々に倒すようにしていこう。
なんだかなぁ…

信長の野望 戦国群雄伝 4日目 「信長、動く」

WS008852.jpg

1566年頃に、石高・商業・城の全パラメーターが999になる。
ではそろそろ天下へ打って出るか…と思うのだが、他の大名もひたすら国造りをしており中々動かない。

このゲームの大名は漁夫の利を狙う傾向があり、1国でも戦争などで弱まるとその国を攻め、攻め込んだ国も兵が少なくなるのでさらに別の国に攻め込まれ…
といった玉突き事故的な事も起き、それがこちらが戦争を仕掛けるチャンスでもあるのだが中々そうならない。

仕方ないので教育をしまくる。
丹羽長秀は羽柴秀吉並の政治力となり、鉄砲隊の前田利家は鈴木重秀並の戦闘力に近づく。
そうこうしているうちに徳川家康が同盟を結ぼうと提案してくる。
無論清洲同盟という気の利いたイベントが戦国群雄伝にあるわけないのだが、そういうものとして妄想しておこう。

ちなみに戦国群雄伝の同盟は後のシリーズに比べて拘束力が弱く、同盟を結んでいてもこちらの兵力が極端に少ないと嬉々として攻めてくる。
仁義も信頼もへったくれもないのだ。ある意味リアルだが…
とはいえ同盟は無いよりあったほうが良いので、これを奇貨として伊勢の大名・北畠氏に攻め込む。

こいつも城を捨てて逃げ出す軟弱者だが、難易度レベル5ということもありそこそこ強い。
信長の兵数が100から30にまで激減してしまったので他の連中を動かし追い詰める。
このレベルだともう少し兵力差が無いとだめかもしれない。

と言うわけで北畠家を滅ぼし、伊勢志摩をゲット。
…と思ったら美濃を委任していた丹羽長秀・滝川一益コンビが勝手に動いて浅井氏を滅ぼす。

WS008855.jpg

史実ではこの時点では信長の妹のお市が嫁いでいる筈だが、ゲーム中ではそうでもないのでよかったよかった。
これが武将風雲録だったら磔にされていたが…

こうして信長領が山城大名足利氏に隣接するようになると、速攻で相手が同盟を結んでくる。
中々機を見るに敏である。
とりあえず同盟を結んでおいて、次は朝倉氏でも攻めようか。

信長の野望 戦国群雄伝 3日目 「初陣」

WS008845.jpg

消息不明となっていた柴田勝家だが、ちゃっかり三好氏の家臣になっていた。
三好家の使者となって貢物に来るとは中々肝っ玉が据わっておる。
その心意気やよし。いつか戦場で合間見えようではないか。

さて、しばらく国造りだ。
信長・秀吉の両輪で内政を行い、前田利家・丹羽長秀等はひたすら教育で能力値をちびちび上げていく。

5年くらいそうこうしていたらいよいよ歴史が動き出す。
美濃の斉藤義龍は死去し、能力値の低い竜興が継ぐ。
それで1年ほど頑張っていたが、ついに浅井家が動き出し飲まれてしまう。
そして美濃を支配した浅井を上杉謙信が襲うが、何とこの攻撃を凌ぐ。
どうも戦争を見ていると難易度レベル5は攻め側が不利なようである。
難度レベルが低い場合、兵100の上杉謙信と浅井長政が対決した場合、上杉謙信が30差程もつけて相手の兵力を減らしたりする。
しかし今回の難度レベル5だとやや浅井有利で上杉謙信の兵が見る見る減っていくのだ。

とはいえ浅井長政も流石に上杉謙信の攻撃を受けては被害も甚大であり、今度は消耗した浅井を朝倉が食う。
お二人さん同盟していたんじゃなかったのか…随分世紀末な世界である。

まぁ朝倉は史実でもゲームでもたいした戦闘力じゃない。
国造りはまだ途中だがいっちょ揉んだるかと信長直々に攻め込んでみるが…強いよ
こちらが若干有利な程度で両者ともじわじわ兵が減っていく。こりゃやばいなと思っていたら…
城を捨てて逃げ出す

さすが俺たちの義景だぜ!期待を裏切らない。
戦国群雄伝名物、追いかけっこである。
後のシリーズでは城やら本陣を乗っ取られるとその時点で敗北なのだが、戦国群雄伝ではそういった事は無い。
相手は負けそうになると大抵の場合篭城するが、時々戦闘期限である1ヶ月の間ひたすら野外を逃げまくる武将もいるのだ。

戦場をひたすら逃げる義景を遂に追い詰め、相手は退却するが…捕まる。
さ、さすが俺たちの義景だぜ。

WS008847.jpg

面白いので逃がした。

美濃も取ったし、天下布武の続きをするか…